楽天ABCマウスの口コミ/評判は?実際に試した感想【ABCmouse English】
スポンサーリンク

アメリカで大人気の英語学習プログラム「ABCmouse」。

「アニメーション」「読み物」「ゲーム」「パズル」「歌」「アート」などプログラムでネイティブの英語が学べる有料のサービスです。

3歳~11歳の子どもを対象としています。

楽天が日本版のサービスを提供しています。

 

実際に使っている人の口コミや評判、料金システムについて調べてみました。

 

\初回のみ2週間無料でお試し!/

楽天ABCmouseの口コミ・評判

スマホでの操作が快適そう

リニューアル前のアプリは、スマホ操作がしづらい部分が多かったです。

タッチしても反応がいまいちだったり、娘もイライラ。

 

ところがリニューアルしたらボタンもシンプル。誤操作も少なくとっても快適です!

ゲーム性の高い遊びも、イライラせずに取り組めていました。

 

しかも、今回使用しているのは普通のスマホよりも小さい「Rakuten mini」。

事情があって、この端末で試したのですが小ささが気にならなくて良かったです。

スピーキングのプログラムに苦戦

この、スピーキングのプログラム。

親目線ではかなり良さげなのですが、実際にやらせてみたらとっても苦戦していました。

 

まず最初に

どぉっっっぐっっ!!!!!!(注:dog)

と、気合が入りまくりの発音をしたら、音割れして判定されませんでした 笑

 

次からは優しく発音させたら、なんとかOK。

他には録音モードになる前に、気が焦って発声してしまい、中途半端に録音されることも・・・

もちろん判定は「やり直し」です。

 

これには娘がイライラしてしまい、学習コースで「マイクのマーク」が出ると、嫌そうな顔を見せます。

他のプログラムは、子ども一人でも簡単に取り組めますが

スピーキングだけは、慣れるまで親の補助が無いと難しそうです。

 

 

2020年11月19日追記:

他のプログラムは徐々に単純作業化してきました。

一方で、このスピーキングは「その調子!」と褒められるまで、ドキドキしながら待つので楽しいようです。

スピーキングのプログラムがはじまると、横で物音を立てないで!と怒られるようになりました(^-^;

 

2022年6月追記:

スピーキングをスキップする機能がつきました。

外出先で利用するときなど、発音レッスンをスキップして利用できるようになりました❤

チケットの使い道が物足りなさそう

リニューアル前だと、アバターがあって着せ替えもできたので、励みにしていたのですが。

今回は、動画やゲーム(といっても学習コースのプログラムと同じ)でしか使えません。

 

気に入っていたアバター

 

プログラム自体はサクサク進むので楽しんではいますが

お洋服とか無くなっちゃったの~?と寂しそうにしていました。

実際に使ってみた娘の感想(リニューアル前)

子どもが自分一人で学べる

※教材リニューアル前のレビューです

ABCマウス 使い方

画面はリニューアル前のバージョンです

4歳年少の娘にやらせましたが、ほぼ一人ですすめています。

たまに操作に困る様子も見せますが、だいたい直感で進めてます。

英語教材なので、飽きるかも?と思いましたが、飽きないような工夫があちこちにあります。

 

メインの学習コースで学習をすすめるほか、バーチャルの教室からも学習コースに行けたり、

うさぎのお世話の部屋からも学習コースに行けたり・・・と

何をしていても、学習モードに誘導されるような作りになっています 笑

 

たとえば娘がうさぎのお世話に夢中になっていると

 

うさぎが「ご飯」のアイコンを出す

 

ごはんほしいの?しょうがないなぁ~
ABCマウス 使い方
うさぎが「学習」のアイコンを出す

このボタン押してほしいの?

学習モードに!!

という流れで、ご褒美モードを楽しんでいても自然と学習コースに戻ってしまうのです。

英語以外のことも英語で学べる

ABCマウス 使い方

画面はリニューアル前のものです

 

元々、アメリカで英語ネイティブの幼児向けに作られた知育教材です。

だから、英語という外国語学習のために作られたのではなく英語ベースの知育教材なわけです。

 

1から10までの数字の風船を割るゲームを、英語のアナウンスを聞きながら取り組む。

動物の生態紹介を英語で聞く。というように、幼児向け知育教材が英語で体験できます。

 

語学学習+アルファのことも学べてお得です。

ハムスターの飼育では、パズルの要素も楽しめます。

 

すごく予想外だったんですが、このハムスターにハマってます 笑

ハムちゃんのために頑張るっといって、学習ページをこなしています。

 

ハムスターの飼育は、特に餌やりをしたりするものではありません。

ハムスターが過ごすチューブやカゴをカスタマイズします。

 

藤井くんが遊んでいた「キュボロ」的な要素も味わえます。

英語学習のためにやらせてるので、得した気分です。

 

塗り絵の学習アクティビティが大好き

学習コースの他にも、ミニゲーム的なアクティビティがたくさんあります。

その中の、塗り絵のアクティビティがお気に入りです。

教えてないのに、勝手に見つけて遊んでました。

 

タッチで色を塗るだけのものですが、黙々と取り組んでました。

ABCマウスはデフォルトだと、日本語モードになってます。

 

塗り絵で鉛筆を選ぶと「えんぴつ」と音声が出ます。

これを言語変更で「英語モード」に変えておけば、「Pencil」と発音してくれます。

 

塗り絵のような遊びコンテンツのときでも英語に触れさせたい場合は、

設定を英語モードにしておいたほうが良いです。

スマホもPCも使いにくそう…タブレットが欲しい

ABCマウス 使い方

先日買った、Amazonのキッズタブレットが非対応だったので(/_;)

何でやらせようか迷ったあげく、使ってないスマホで試してみました。

画面が小さいのでやりにくそうです。

このあと、パソコンでもやらせてみたのですが、マウスの扱いに慣れずやっぱり難しそう。

 

ノートPCのタッチパッドも試しましたが、やりにくそうにしてました。

スクリーン自体がタッチできる、タッチスクリーンのパソコン。

それか、やっぱりタブレットが使いやすいなぁと思いました。

※調べてみたらタッチスクリーンPCは非推奨でした💦

 

普通のアンドロイドタブレットが欲しくなりました。

 

実際にやらせてみて思ったのが、マウス操作は4歳児には厳しいです。

小学生くらいになればできるかもしれません。

 

 

追記:2020年11月現在

2020年11月4日にアプリの内容がリニューアルされました。

大幅リニューアルで
スマホで使いやすくなりました!

スマホでは操作しづらかったのですが・・・リニューアルでスマホでも扱いやすくなりました。

画面も、ボタンもすっきりとシンプルに変わりました!

親目線での感想

オンライン英会話と併用したら最強かも

まだ登録したばかりですが、子どもの食いつきがめちゃくちゃ良いです。

算数に特化したタブレット教材のRISUきっず、ゲーム要素も強いAmazonキッズタブレット。

どちらも最初は嬉しそうにやってましたが、その時とは食いつきの度合いが違います。

本人にもどれが一番好き?と聞くと「ABCマウス」と即答してました。

 

気に入っている様子を見る限りでは、80%くらいはハムスターのようですが 笑

ご褒美要素が、お世話系以外に、アバターの着せ替え・お部屋の飾り付けなど種類が豊富です。

ハムスターに飽きても、他のご褒美要素で夢中になり続けることができそうだなと思いました。

 

親目線では、学習面に少し物足りなさはあります。

どうしても受け身の教材なので、この教材だけで英語をマスターするのは難しいと思います。

理想としては、オンライン英会話と組み合わせたらベストでしょうね。

なぜかGooglePixelでうまく使えなかった

私が使っているメインのスマホが「グーグルpixel3a」です。

まずリニューアルしたので、アプリをアップデートしたのですが、なぜか不具合が・・・

 

基本的には問題なく動作してますが一部音声が怪しい部分があったのです。

動画と音声にズレが出たり、タッチゲームで出題の音声がプチプチ切れたり。

学習にも支障が出る部分だったので、サブ機のRakutenMiniで試したところ、まったく問題なしでした。

パソコン版のアプリでも不具合はありませんでした。

 

androidのバージョンとかですかね?ネット回線は同じなのになぁ。

とりあえず、アプリを入れなおしてもGooglePixel3aでは、不具合が解消されませんでした。

もし同じスマホで利用される方は、音声部分で不具合が出るかもしれません。

 

追記:機種変更しました!

最新版のPixel5を買いました。

ところが、不具合はpixel3aと同じ状態です・・・

引き続き、ラクテンミニで利用していこうと思います。

チケットがもらえるのは学習コースのみが良い!

学習の内容ですが、リニューアル後のほうが親目線的には良いです。

 

というのも、前回のバージョンだと「ぬりえ」だけでもチケットがもらえるシステムだったのです。

娘は、学習コースをあまり進めずに、ぬりえをしてはチケットをためてお買い物を楽しんでいたのです。

 

リニューアル後はメインの学習コースでしたチケットがもらえません。

それにアプリを立ち上げると、すぐに学習コースの画面からスタートしてくれるので

まずはこれをやるんだぞ!とすごく分かりやすくて、良くなったと感じました。

 

ひとつずつのプログラムが短いので飽きない

前回に比べると、動画も短くコンパクトになっている印象です。

ゲームも動画も短いので、あっという間に終わってしまいます。

 

長い内容だと、「ここでやめるか」という気分になってしまうのですが

短すぎるので「まだやろう」と思えてきて

気がついたら、「あれ?すごい進めすぎてるかも」になってました。

 

一応、今日のおさらい動画が流れてくれるので、

ここが一区切りかな?と目安を用意してくれているのも助かりますね。

ちょっと物足りないくらいでやめることができるので、次の日もすんなり取り組んでくれました。

2週間の無料体験でまずは試してみる

初回の場合、2週間は無料で利用できるのはとっても良いサービスですね。

学習するのは子どもなので、やはり一度やらせてみるのが一番です。

2週間試してみれば、合っているかどうかは判断できます。

 

もし受講する場合でも、1年プランで1ヶ月約1000円は英語教材としてはとってもお値打ちです。

タブレット学習の一つとして候補にいれても良い教材だと思いました。

 

\初回のみ2週間無料でお試し!/

 

 

スポンサーリンク
英語を使いこなしている人はアウトプットも大切にしています

通信教育で英語のインプットが十分でも、アウトプットは不足しがちです。

幼児の英語学習のアウトプットには「こども英語教室」がベストです。

 

 

オンライン英会話も良いですが、小学生くらいになってからがおすすめ。

幼児のうちはオンライン通話自体に慣れないため、

英語学習に集中するなら対面学習の「こども英語教室」のほうが効率よくアウトプットできます。

 

コストパフォーマンスが悪いという口コミもありますが、

通信教育でインプットを十分にした上で、

アウトプット専用の場として使うなら、決してコスパが悪いとは思いません。

 

 

子どもの英語学習をしっかりサポートしたいなら

「こども英語教室」についての情報も収集しておいて損はありません。

おすすめの記事