楽天ABCマウスの評判/口コミは?料金の仕組み&内容【Rakuten ABCmouse】
スポンサーリンク

アメリカで大人気の英語学習プログラム「ABCmouse」。

「アニメーション」「読み物」「ゲーム」「パズル」「歌」「アート」などプログラムでネイティブの英語が学べる有料のサービスです。

3歳~11歳の子どもを対象としています。

楽天が日本版のサービスを提供しています。

 

実際に使っている人の口コミや評判、料金システムについて調べてみました。

 

\初回のみ2週間無料でお試し!/

楽天ABCmouseの口コミ・評判

子どもが自分一人で学べる

ABCマウス 使い方

画面はリニューアル前のバージョンです

4歳年少の娘にやらせましたが、ほぼ一人ですすめています。

たまに操作に困る様子も見せますが、だいたい直感で進めてます。

英語教材なので、飽きるかも?と思いましたが、飽きないような工夫があちこちにあります。

 

メインの学習コースで学習をすすめるほか、バーチャルの教室からも学習コースに行けたり、

うさぎのお世話の部屋からも学習コースに行けたり・・・と

何をしていても、学習モードに誘導されるような作りになっています 笑

 

たとえば娘がうさぎのお世話に夢中になっていると

 

うさぎが「ご飯」のアイコンを出す

 

ごはんほしいの?しょうがないなぁ~
ABCマウス 使い方
うさぎが「学習」のアイコンを出す

このボタン押してほしいの?

学習モードに!!

という流れで、ご褒美モードを楽しんでいても自然と学習コースに戻ってしまうのです。

英語以外のことも英語で学べる

ABCマウス 使い方

画面はリニューアル前のものです

 

元々、アメリカで英語ネイティブの幼児向けに作られた知育教材です。

だから、英語という外国語学習のために作られたのではなく英語ベースの知育教材なわけです。

 

1から10までの数字の風船を割るゲームを、英語のアナウンスを聞きながら取り組む。

動物の生態紹介を英語で聞く。というように、幼児向け知育教材が英語で体験できます。

 

語学学習+アルファのことも学べてお得です。

ハムスターの飼育では、パズルの要素も楽しめます。

タブレットがあったほうが使いやすい

実際にやらせてみて思ったのが、マウス操作は4歳児には厳しいです。

小学生くらいになればできるかもしれません。

 

スマホでやらせてみたら、画面が小さすぎてやっぱり操作しにくそうです。

画面が大きくてタッチ操作のできる、タブレットでの学習が使い勝手が良さそうです。

 

↓もっと詳しい使ってみた感想はこちらから↓

 

 

追記:2020年11月現在

2020年11月4日にアプリの内容がリニューアルされました。

大幅リニューアルで
スマホで使いやすくなりました!

スマホでは操作しづらかったのですが・・・リニューアルでスマホでも扱いやすくなりました。

画面も、ボタンもすっきりとシンプルに変わりましたよ~

リニューアル後の体験レビューはこちら

Rakuten ABCmouseの詳細・特徴

ABCmouse 評判 口コミ

ABCmouseの内容

すごろくのように、ひとマスずつ英語学習のプログラムに取り組んでいく学習アプリです。

ABCマウス 使い方

料金プランは月額制ですが、毎月「〇月号のプログラム」というふうに定期配信はありません。

子どもの学習ペースに合わせて、ゆっくり取り組んだり、ぐんぐん進めることもできるスタイルです。

 

基本の学習コースではご褒美に「チケット」がもらえます。

そのチケットは、チケットタウンでゲームなどに使うことができます。

 

  • デジタルえほん・・イラスト付きの英語読み上げ絵本
  • ゲーム・・・・・・遊びながら英語に触れるゲーム
  • シアター・・・・・英語の動画が見れる
  • ペットパーク・・・準備中 ※リニューアル前のペットがお引越し予定

 

対象年齢は 3~11歳。

取り組むごとに、難しいステージに挑戦できるような段階式のシステムになっています。

アメリカ(USA)版との違い

元々、「ABCマウス」はアメリカの幼児教育のサービスです。

その内容を、英語教材として日本版ABCマウスが提供されています。

 

教材の内容は、幼児教育がメインのUS版に比べ、英語学習に重点がおかれたものになっています。

日本語の知育アプリなら、他社のものでも利用できます。

知育面に物足りなさを感じるなら、別の日本語知育アプリとの併用がおすすめです。

 

ABCマウス 使い方

2020年11月にリニューアルされ、見た目も大きく変わりました。

日本版には日本語に対応しているだけではなく、スマホベースの作りになっています。

画面やボタンもすっきりシンプルです。

 

また、カスタマーが日本語で対応してくれるので、支払いのトラブル時に英語で問い合わせることなく利用できます。

塾などでの利用(野田塾・ホッパなど)

ABCマウスは塾や保育園などの施設でも利用されています。

調べてみた感じだと、こんなところで使われてました。

  • 野田塾
  • NSG教育研究会
  • 開成教育セミナー
  • Tech for elementary
  • 保育園のHOPPA

 

使い方は、自宅と教室でABCマウスをやりつつ、授業も受けるという方法です。

週に1回程度の学習で身につかない分も自宅で毎日取り組むことで、身につきやすくなりますね。

 

US版ではすでに15万以上におよぶ学校などの学習現場や、半数以上の国公立図書館に導入されている。とのこと。

日本でも増えていくかもしれません。

パルキッズ ジュニアとの違い

似たような教材で、老舗英語教材に「パルキッズジュニア」があります。

手持ちのPCで英語学習をすることができる小学生向けの教材です。

対象年齢が9歳以上、ABCマウスは11歳までという違いがあります。

 

費用面では、36ヶ月利用できて、約7万5000円。1ヶ月あたり2,000円程度です。

ABCマウスよりやや高い設定になっています。

 

難易度的には、対象年齢3歳からと設定されているABCマウスのほうが易しいです。

ゲームなどのルール理解も幼児向きに作られているのはABCマウスの方です。

英語の難易度そのものよりも、操作的な意味で使いこなすなら、幼児には幼児向きの教材のほうがおすすめです。

大人の英語学習にも使える難易度か

ABCマウスを子どもと一緒に取り組んでいると

「お?そんな表現があるのか」

と、大人でも気づかされる場面があります。

 

とはいえ、あくまでも11歳までの子ども向けに作られた学習アプリです。

大人が英語の学習をするツールとしては、十分とはいえません。

 

大人向けの英語学習アプリなら、「 iKnow!」が 使いやすくて良かったです。

隙間時間でボキャブラリーを増やせます。

多読をするなら、子供向けアプリですが「Read Along」も悪くないです。

 

英会話の習得が目的なら、オンライン英会話がいちばん身につくと思います。

楽天ABCマウスの料金・費用

ABCマウス 使い方

ABCマウスの料金は月額制です。

料金は月額約1,234円(1年プランで契約の場合)。

1か月プランの場合は、1,980円/月です。

 

1年間まとめて払うと、約37%OFFのお得な金額になります。

アップルIDの場合だけ料金が違います。

【楽天IDで決済】 1か月プラン:1,980円 (税込)(1カ月毎に自動更新)

1年プラン:14,800円(税込)(1年毎に自動更新) ※1カ月あたり約1,234円。

【Apple IDで決済】 1ヶ月プラン:2,200円 (税込)(1ヶ月毎に自動更新)

1年プラン:18,800円(税込)(1年毎に自動更新)※1カ月あたり約1,567円。

初回のみ、2週間の無料体験をすることができます。

 

 

3月1日まで1か月プランのお得なキャンペーン実施中です!

エントリー不要だからうっか

出典元:https://english.rakuten.co.jp/campaign/abcmouse/202101/


キャンペーン期間:2021年1月15日(金)から2021年3月1日(月)11:59まで
※Apple ID決済はキャンペーン対象外となります。

兄弟で使う場合の割引

複数のアカウントを購入しても割引はありません。

ただし、1アカウントで3ユーザーまで登録できます。

3兄弟までなら、1アカウントの購入だけで利用できます。

4人以上兄弟がいる場合は、2アカウント必要です。

 

PCの場合は2台、モバイル端末の場合は4台まで同時ログインできます。

3ユーザーまで作れるので、3兄弟までなら1アカウントで同時に利用することができます。

楽天ABCmouseの解約について

解約の手続きはいつでもできます。

会員メニュー内からのセルフ解約です。

解約にともない払い戻しはありません。

 

つまり、無料期間中に解約すれば、無料期間満了までは引き続き使えます。

1年払をして解約すれば、自動延長されないけど返金もなしで、契約期間内は使えます。

というルールです。

ABCmouseの使い方

ABCマウスのアプリ

ABCマウスは、アンドロイド・iPhoneともに対応したアプリがあります。

PCで学習する場合は、Firefoxのブラウザが推奨されています。

スマホやタブレットでも、ブラウザ受講できるので、特にアプリにこだわる必要はなさそうです。

kindleやFire tabletでも使える?

Amazonのタブレット、キンドルやFireHDなどで利用する場合、アプリは使えません。

Amazonのアプリストアに「ABCマウス」が無いからです。

 

FireHDを使う場合は、ブラウザでの学習になります。

ただ、現状ではFireHDはフラッシュに未対応なので、楽天ABCマウスはブラウザでも使えません。

2週間の無料体験でまずは試してみる

初回の場合、2週間は無料で利用できるのはとっても良いサービスですね。

学習するのは子どもなので、やはり一度やらせてみるのが一番です。

2週間試してみれば、合っているかどうかは判断できます。

 

もし受講する場合でも、1年プランで1ヶ月約1000円は英語教材としてはとってもお値打ちです。

タブレット学習の一つとして候補にいれても良い教材だと思いました。

 

\初回のみ2週間無料でお試し!/

 

スポンサーリンク
英語を使いこなしている人はアウトプットも大切にしています

通信教育で英語のインプットが十分でも、アウトプットは不足しがちです。

幼児の英語学習のアウトプットには「こども英語教室」がベストです。

 

 

オンライン英会話も良いですが、小学生くらいになってからがおすすめ。

幼児のうちはオンライン通話自体に慣れないため、

英語学習に集中するなら対面学習の「こども英語教室」のほうが効率よくアウトプットできます。

 

コストパフォーマンスが悪いという口コミもありますが、

通信教育でインプットを十分にした上で、

アウトプット専用の場として使うなら、決してコスパが悪いとは思いません。

 

 

子どもの英語学習をしっかりサポートしたいなら

「こども英語教室」についての情報も収集しておいて損はありません。

おすすめの記事