ABCmouseの使い方&効果…レベルは大人まで対応?【楽天ABCマウス】
スポンサーリンク

楽天ABCマウスは幼児向けの英語学習アプリです。

英語を学べるアプリはゲームのようなものから本格的なものまでたくさんあります。

楽天ABCマウスを実際に試してみて、使い方とその効果についてまとめてみました。

ABCmouseの使い方

ABCマウスのアプリ

ABCマウスは、アンドロイド・iPhoneともに対応したアプリがあります。

以前はPCブラウザにも対応していましたが、リニューアル後はPCアプリをインストールして利用します。

 

アプリの推奨環境
PC
推奨環境:
・Windows 10以上の最新版 (64bit)
・Mac OS 10.12以上の最新版
非推奨環境:
・Chrome OS 等
・タッチパネル式PC
スマートフォン/タブレット
推奨環境:
・iOS10以上の最新版
・Android5.0以上の最新版
非推奨環境:
・メーカー独自のOSを搭載したスマートフォン・タブレット
例)Huawei社製端末/HarmonyOS・EMUI、OPPO社製端末/ColorOS、Xiaomi社製端末/MIUI、等
・Kindle, Kindle Fire 各機種
・京セラ製  SZJ-JS201(Android 5.1.1)、SZJ-JS202など

 

kindleやFire tabletでは使えない!

Amazonのタブレット、キンドルやFireHDなどで利用する場合、アプリは使えません。

Amazonのアプリストアに「ABCマウス」が無いからです。

楽天ABCマウスは、Amazonのタブレットには対応していません。

海外からも使える

ABCマウスのアプリは日本国外の環境でも利用できます。

注意しておきたいのが、アプリをダウンロードできるのが日本のアプリストアからということ。

海外からアプリストアにアクセスすると、その国のアプリストアにアクセスして日本のアプリをダウンロードできません。

スマホの地域変更などの設定をすれば海外にいてもダウンロードできます。(一部ダウンロードできない国もあり)

RakutenABCmouseの詳細・使い方

ABCmouseの内容

すごろくのように、ひとマスずつ英語学習のプログラムに取り組んでいく学習アプリです。

 

料金プランは月額制ですが、毎月「〇月号のプログラム」というふうに定期配信はありません。

子どもの学習ペースに合わせて、ゆっくり取り組んだり、ぐんぐん進めることもできるスタイルです。

 

基本の学習コースではご褒美に「チケット」がもらえます。

そのチケットは、チケットタウンでゲームなどに使うことができます。

 

  • デジタルえほん・・イラスト付きの英語読み上げ絵本
  • ゲーム・・・・・・遊びながら英語に触れるゲーム
  • シアター・・・・・英語の動画が見れる
  • ペットパーク・・・チケットを使ってペットのお世話をする

対象年齢は 3~11歳。

取り組むごとに、難しいステージに挑戦できるような段階式のシステムになっています。

 

ABCマウス 使い方

リニューアル前にもあった、学習コース(ステップアップしていくプログラム)がメイン画面になっています。

この画面を起点に、学習をすすめていきます。

 

学習の種類

  1. 黄色いマスをタップして学習コースを進める
  2. チケットマークをタップしてチケットタウンで学習する

学習コース

学習コースはひとマスずつ進んでいくシステムです。

レベル1のレッスン1から始めてみると、全部で12ステップが1日分の目安だとわかります。

 

ちょうど1回目の動画で重点単語が3つ紹介されます。

その後、ゲームや動画をすすめながら、12番目の動画が「今日のおさらい」という内容になっています。

次の13番目のマスに進むと「今日の単語は~」という雰囲気の動画がはじまるので、この12番目の動画を見るまでで一区切りになります。

 

ちなみに6マス進むと宝箱が出現して、レッスン2に進みます。

12マス目におさらいがあるので、1日で2レッスン(6マス×2)ということですね。

朝6マス。夜6マス。みたいに分けてもいいし、一気に12マス進めても良さそうです。

 

それぞれのマスで取り組むプログラムの内容はこんな感じです。

 

まだレッスン2までしか進めていないので、この先もっと違うプログラムも出てくる可能性があります。

どのプログラムも、2分程度の内容になっています。

 

1レッスン6マスあるので、だいたい12分くらいで終わります。

1日分のカリキュラムだと12マスでも24分です。

最初のうちは簡単なので、もっと早く終わってしまうと思います。

 

公式サイトによると…

学習コースで最低1レッスン(アクティビティ5つ相当)を少なくとも週5回完了するのが理想的です。

とありました。
5マス/日が理想の配分のようです。

チケットタウン

メイン画面の右上にあるチケットボタンを押すと「チケットタウン」というチケットを使うエリアに行きます。

リニューアル前にも、お買い物が楽しめる街があったので、それに近いもののようです。

 

現在は

  • ゲームハウス:チケットを2枚消費して英語ゲームで学習
  • シアター:チケットを2枚消費して英語の動画を見る
  • ライブラリー:英語の絵本を見る(チケット消費なし)
  • パズルハウス:チケットを2枚消費、500種類のパズルのアクティビティ
  • アートハウス:チケットを2枚消費、700種類の塗り絵のアクティビティ
  • ペットパーク:チケットを使ってペットを飼育できるエリア

の6つが利用可能。

 

ハムスターエリアは、リニューアル前に飼っていたペットを引っ越すことができる予定地です。

 

 

参考までにゲームのページはこんな感じです。

左上に「2」と書いてあるのはチケットを2枚消費するという意味です。

チケットタウン内「ゲームハウス」のページ

 

メインの学習コースで手に入れたチケットを消費して、英語学習のゲームで遊ぶのが「チケットタウン」なのです。

 

英語絵本も読めるライブラリー

チケットタウンの中で「ライブラリー」という英語絵本のコーナーのみチケット消費がありません。

チケット消費は「0」と表記

 

12月のリニューアルで、ディズニー絵本も読めるようになりました。

娘が喜びそうなアリエルの絵本も!

ライブラリー内「リトルマーメイド」の絵本

英文をきれいな発音で読み上げてくれます。

英語のディズニー絵本は、Amazonキッズタブレットでもkindle機能で読むことはできました。

ただ、読み上げが無いので、絵だけをみておしまい状態。

いまいちだなぁ~・・・と思っていたので、ABCマウスの読み上げ機能はとっても助かります。

 

主な収録タイトル
『アナと雪の女王』 『ライオン・キング』
『美女と野獣』
『ミッキーマウス クラブハウス』 『アラジン』
『リトル・マーメイド』 『眠れる森の美女』 『白雪姫』
『シンデレラ』 『モアナと伝説の海』 『ムーラン』
『ピーター・パン』 『ピノキオ』 『くまのプーさん』
『ジャングル・ブック』 『シュガー・ラッシュ』
『シュガー・ラッシュ:オンライン』 『ズートピア』
『リロ アンド スティッチ』 『プリンセスとまほうのキス』
『トイ・ストーリー』 『カーズ』
『インクレディブル・ファミリー』 『Mr.インクレディブル』
『ファインディング・ニモ』『モンスターズ・インク』
『スター・ウォーズ シリーズ』など

 

ただ、見たい作品を探しにくいので、検索機能が追加されたらいいなと思います。

アナと雪の女王の絵本がどこか見つけられません・・・(^-^;

 

 

2022年6月追記:

ディズニーデジタルえほんが読めなくなりました

ライセンス契約の期間終了とのことで、2022年6月20日の週から読めなくなりました。

  • 提供終了予定日:2022年6月20日週
  • コンテンツ提供エリア:チケットタウン内、ライブラリー
  • 対象:ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズのシリーズ、97冊

ディズニー以外の本だけでも2000冊以上あるので、足りないということはないでしょうが、ちょっとさみしいですね。

 

ペットパークで飼育体験

続いて中央のペットパークでは好きなペットをチケットを使って飼育することができます。

 

一番最初の一匹だけは無料で選ぶことができます。

最初に選べるペット
  • いぬ
  • ねこ
  • ぶた
  • うま
  • ひつじ

2匹目以降のペットはチケットが必要です。

ねこチケット50
いぬチケット50
ひつじチケット50
うまチケット50
ぶたチケット50
かえるチケット100
ペンギンチケット150
パンダチケット250
ぞうチケット250
ひよこチケット100
かめチケット150
ライオンチケット250
うさぎチケット150
ユニコーンチケット500
ドラゴンチケット500
青い鳥チケット100

全部で16種類から選ぶことができます。

種類別に飼えるペットの数は決まっていないようで、猫を2匹飼うこともできます。

 

ペットのお世話は4種類のみ。

  • エサ
  • おみず
  • シャワー
  • あそぶ

 

どれもチケット1枚消費します。

リニューアル前のように、ペットと遊んでいて学習コースへ戻るようにうながすアクションは無くなりました。

純粋なご褒美システムとして遊ぶコーナーになっています。

保護者向けページで進捗チェック

保護者向けのページで進捗状況をチェックできます。

リニューアル直後は、どのレッスンまで進んだかのチェックのみでした。

2021年1月28日現在、過去のものも含め、

音声アクティビティの振り返りができるようになりました!

ただ、録音したものを聴けるだけではなく

発音を自動で採点して、発音のスコアも表示されています。

スコアの判断は3段階。習得済みのものは緑色で表示されます。

レッスン1【ペット】その1は3つとも黄色なので、もうちょっと頑張らないといけませんね(^-^;

 

 

大人の英語学習にも使える難易度か

ABCマウスを子どもと一緒に取り組んでいると

「お?そんな表現があるのか」

と、大人でも気づかされる場面があります。

 

とはいえ、あくまでも11歳までの子ども向けに作られた学習アプリです。

大人が英語の学習をするツールとしては、十分とはいえません。

ABCマウスのレベル設定

ABCマウスのレベルは「レベル4」まで用意されています。

レベル4を終えた時点で、英検4級相当になります。

英検4級は中学校中級レベル。

大人の英語学習アプリとして、物足りなさは感じると思います。

 

参考:英検の目安
  • 5級… 中学校初級
  • 4級… 中学校中級
  • 3級… 中学校卒業程度
  • 準2級… 高校中級程度
  • 2級… 高校卒業程度
  • 準1級… 大学中級程度
  • 1級… 大学上級程度

 

大人向けには大人用のアプリがおすすめ

大人向けの英語学習アプリなら、「iKnow!」が 使いやすくて良かったです。

隙間時間でボキャブラリーを増やせます。

多読をするなら、子供向けアプリですが「Read Along」も悪くないです。

 

英会話の習得が目的なら、オンライン英会話がいちばん身につくと思います。

楽天ABCマウスの違い(アメリカ版・塾版など)

ABCmouse 評判 口コミ

 

アメリカ(USA)版との違い

元々、「ABCマウス」はアメリカの幼児教育のサービスです。

その内容を、英語教材として日本版ABCマウスが提供されています。

 

教材の内容は、幼児教育がメインのUS版に比べ、英語学習に重点がおかれたものになっています。

日本語の知育アプリなら、他社のものでも利用できます。

知育面に物足りなさを感じるなら、別の日本語知育アプリとの併用がおすすめです。

 

ABCマウス 使い方

2020年11月にリニューアルされ、見た目も大きく変わりました。

日本版には日本語に対応しているだけではなく、スマホベースの作りになっています。

画面やボタンもすっきりシンプルです。

 

また、カスタマーが日本語で対応してくれるので、支払いのトラブル時に英語で問い合わせることなく利用できます。

塾などでの利用(野田塾・ホッパなど)

ABCマウスは塾や保育園などの施設でも利用されています。

調べてみた感じだと、こんなところで使われてました。

  • 野田塾
  • NSG教育研究会
  • 開成教育セミナー
  • Tech for elementary
  • 保育園のHOPPA

 

使い方は、自宅と教室でABCマウスをやりつつ、授業も受けるという方法です。

週に1回程度の学習で身につかない分も自宅で毎日取り組むことで、身につきやすくなりますね。

 

US版ではすでに15万以上におよぶ学校などの学習現場や、半数以上の国公立図書館に導入されている。とのこと。

日本でも増えていくかもしれません。

パルキッズ ジュニアとの違い

似たような教材で、老舗英語教材に「パルキッズジュニア」があります。

手持ちのPCで英語学習をすることができる小学生向けの教材です。

対象年齢が9歳以上、ABCマウスは11歳までという違いがあります。

 

費用面では、36ヶ月利用できて、約7万5000円。1ヶ月あたり2,000円程度です。

ABCマウスよりやや高い設定になっています。

 

難易度的には、対象年齢3歳からと設定されているABCマウスのほうが易しいです。

ゲームなどのルール理解も幼児向きに作られているのはABCマウスの方です。

英語の難易度そのものよりも、操作的な意味で使いこなすなら、幼児には幼児向きの教材のほうがおすすめです。

2週間の無料体験で試してみよう!

初回の場合は、2週間の無料体験もあります!

実際に使ってみて、いまいちだったら費用はかかりません。

手持ちのスマホですぐに試せます。

タブレットなどを用意する必要もないので、気軽にためせますよ。

 

\初回のみ2週間無料でお試し!/

 

楽天ABCmouseの詳細・特徴【リニューアル前】

※リニューアルされる前のアプリ内容です。参考までにどうぞ。

簡単にいってしまうと、英語の学習ができるゲームアプリの詰め合わせです。

ABCマウス 使い方

  • デジタルえほん・・イラスト付きの英語読み上げ絵本
  • ゲーム・・・・・・遊びながら英語に触れるゲーム
  • パズル・・・・・・英単語に触れるパズル
  • 歌・音楽・・・・・英語の歌を聞いたり歌ったりする
  • アート・・・・・・塗り絵などで英単語の復習
  • プリント教材・・・印刷して使えるなぞり書きなどの紙教材

対象年齢は 3~8歳。(リニューアル後は3歳~11歳)

取り組むごとに、難しいステージに挑戦できるような段階式のシステムになっています。

長く続けられるように、ごほうびチケットの仕組みがあります。

チケットを集めることで、アバターの飾り付けをしたり、ゲーム内でアイテムを買って楽しむことができます。

これらの内容を月額会費で利用できます。

abcマウスでできること・使い方

ABCマウス 使い方

登録するとメインで使うのが、このホーム画面です。

ここから、

  1. がくしゅうコース
  2. クラスルーム
  3. ちず
  4. きそ
  5. たのしいアクティビティ

という5つのメニューを選ぶことができます。

それぞれの内容を詳しく紹介します。

がくしゅうコース

ABCマウス 使い方ABCマウスのメインの教材部分です。

スゴロクのように、一つずつクリアして進めていきます。

ABCマウスの内容はものすごくボリュームがあるので、何から手を付けていいかわからないほどです。

基本的にはこの画面で順番に学習を進めればOKだと思います。

クラスルーム

ABCマウス 使い方

始めるまでは、これがメイン画面だと思っていたページです。

アクセスする時間帯によって、生徒たちの様子も変わります。

朝や夕方は自由にしてますが、日中にアクセスしたら、きちんと整列して授業を受けてました。

この画面からさらにいろんな学習プログラムにつながっています。

真ん中の大きなホワイトボード(ねずみのうつってる)をタップすると、さっきの「がくしゅうコース」の画面になります。

ちず

ABCマウス 使い方ABCマウスの世界を楽しめる地図のページ。今の季節は雪景色ですね。

ここからいろんなページへつながっています。

  1. がくしゅうコース・・・↑のがくしゅうコース
  2. どうぶつえん・・・どうぶつえんのページへ
  3. きそ・・・きそのページへ(詳細は次に)
  4. がっこう・・・クラスルームのページへ
  5. かいもの・・・ショッピング街の画面にかわります
  6. ファーム・・・ファームのページへ
  7. ペットパーク・・・猫をお世話できるページへ
  8. マイルーム・・・自分の部屋です。家具を揃えて楽しみます。
  9. トドラータイム・・・小さい子向けのコンテンツが集まっているページ
  10. としょかん・・・英語の電子書籍が読めます。

この中で気になったのは「トドラータイム」と「としょかん」です。

トドラータイムは、小さい子向けのコンテンツがつまっているので

英語を始めたばかりの子にはピッタリの内容です。

タブレット慣れしていない兄弟児に触らせるのにも良さそうです。

としょかんは、英語絵本などが読めます。

セレクトがかなり良いです。オリジナルの絵本もあるので、学習向けに最適化されています。

字が読めないからなぁ・・・・と思ってましたが

一部の本は、読み上げ機能もついているので動画を見る感覚で英語に触れられます。

動画といえば、「かいもの」の画面内に「映画館」という場所があって

そこに行けば英語の学習動画が見れます。

・・・と、とにかく底なし沼のように見れるページが盛りだくさんです。

きそ

ABCマウス 使い方

このページは学習に特化したページです。

ABCマウスに組み込まれている、学習コンテンツがカテゴリごとに整頓されています。

英語に自身のあるパパママなら、このページを使いこなして英語学習をすすめることもできます。

チラっと見てみましたが、たくさんありすぎて目が回ったので 笑

我が家は、がくしゅうコースで一つずつ進めようと思いました。

たのしいアクティビティ

ABCマウス 使い方

お楽しみ要素が詰まっているパートです。

どうぶつえん・ファームは、それぞれ生き物を観察できます。

海外の動物園に行った気分が味わえますね。動物の特徴や生態を英語で解説してくれます。

ハムスターと熱帯魚は、お世話遊びができます。

うちの子は、ハムスターの世話にめちゃくちゃハマってます。

最後の買い物はご褒美コンテンツですね。

学習をすると手に入るチケットで、お買い物ができます。

  • アバター用のお洋服
  • 自分の部屋用の家具
  • ペット用のお世話アイテム

などが買えます。

保護者メニュー

保護者向けの画面は、子どもの学習の進捗具合を見たり、支払いの設定をするために使います。

解約をするときも、保護者メニューから手続きします。

子どもが勝手にさわれないように、保護者メニューに入る時は数字入力が必要です。

掛け算の答えを出してログインするので、掛け算がわかるお子さんだと、保護者メニューに入れてしまいます。

スポンサーリンク
英語を使いこなしている人はアウトプットも大切にしています

通信教育で英語のインプットが十分でも、アウトプットは不足しがちです。

幼児の英語学習のアウトプットには「こども英語教室」がベストです。

 

 

オンライン英会話も良いですが、小学生くらいになってからがおすすめ。

幼児のうちはオンライン通話自体に慣れないため、

英語学習に集中するなら対面学習の「こども英語教室」のほうが効率よくアウトプットできます。

 

コストパフォーマンスが悪いという口コミもありますが、

通信教育でインプットを十分にした上で、

アウトプット専用の場として使うなら、決してコスパが悪いとは思いません。

 

 

子どもの英語学習をしっかりサポートしたいなら

「こども英語教室」についての情報も収集しておいて損はありません。

おすすめの記事