まなびwith 年中 おためし教材
スポンサーリンク

ドラゼミからリニューアルして2年目のまなびwith。

4月で年中になる娘あてにお試し教材が届きました!

取り組んでみた感想をまとめます。

まなびwith(ウィズ)の年中コースのおためし教材口コミ

お試し教材の内容

まなびwith 年中 おためし教材

おためし教材の内容は

  • まなびブック(メインの教材)
  • るるるんDVD
  • まなぼうずえほん

でした。

 

るるるんDVDと、まなぼうずの絵本「はじめましてまなぼうず」は年少のセットにも入っていたもの。

年中コースとして改めてチェックしたいのは、まなびブックです。

まなびブック(年中)の口コミ

まなびwith 年中 おためし教材

一週間分のおためし教材として、9題(19ページ)入っていました。

基本的には見開きですが、1ページで1題のものもありました。

 

まなびwith 年中 おためし教材最初の問題は、はじめましてまなぼうず。

これって・・・年少の1ページ目と同じじゃ・・・?

比較に、年少(去年)のお試し教材の画像を探してみました↓

まなびブックほぼ同じですね・・・

「まなぼうず」というキャラクターを早く覚えさせたいのでしょうか。

 

お試し教材なので良いですけど、年中4月号の本教材にもこのページがあったら、ちょっと嫌だなと思いました。

見開き1ページも使うなんてもったいなくないですか。

親的には、覚えさせたいのは小学館のオリジナルキャラじゃなくて、ひらがなとか数とかなんですけど。

 

さて、ようやく次のページから知育的な内容に入っていきます。

運筆です。

まなびwith 年中 おためし教材

う~ん。いろんなパターンの運筆ができて良いんですけど。

このページの使い方ってどうなんでしょ。

スカスカすぎて、もったいないような。もっと、所狭しと練習させたいのが本音。

 

書く場所の間隔があきすぎて、娘もどこから書けば良いのか・・・どこを書いたのか・・・と途中で戸惑ってました。

運筆練習はもっと、シンプル&ストイックなページでやったほうが良い気がします。

Z会の「ひらがなワーク」をやった直後だったので、その差に驚きました。

 

まなびwith 年中 おためし教材

次は「かず」です。

1から順に数字をたどってゴールを目指します。

途中、数字をなぞり書きします。

年中コースからは「数字のなぞり書き」が始まります。

 

まなびwith 年中 おためし教材次は「調べ学習」のページです。

まめ(大豆)についてのワークですが、前のページに図鑑ページがあります。

まなびwith 年中 おためし教材このページを見ながら、大豆からできる食べ物についてワークで答えます。

このワークは、まなびwithがウリにしている「図鑑NEO」との連携の取れた調べ学習。

さすがだなと思いました。

調べながら答えるという習慣を、毎月取り組むことで身につけるのは「いいなぁ」と思えました。

 

まなびwith 年中 おためし教材続いては、もじ。動詞の部分ですね。

2択で正しい動詞を選びます。

難しいかな?と思ってやらせてみたものの、回答の部分も一文字ずつ自分で読み上げて答えていました。

こんなこともできるようになっていたのか!?と、親ばか目線で嬉しくなりました。

 

こういう、国語的な問題は、他の教材に比べると先取り気味に感じます。

語彙力を増やして、年長コースの時点では文章を書ける程度まですすみます。

 

まなびwith 年中 おためし教材

次は語彙力を増やすためのワークです。

すきな食べ物について(親子で)話してみよう。というものです。

年中コースでも、ドリルよりもワーク的な内容がまだ入っているようです。

まなびwith 年中 おためし教材かずの問題です。

長さの比較ですね。こちらも簡単な問題だったので、スラスラといていました。

 

まなびwith 年中 おためし教材次は「ちえ」のもんだい。

シールとかかれた円に合う絵柄のシールを貼ります。

ジグソーパズルが得意な娘には、簡単すぎるワークでした。

 

まなびwith 年中 おためし教材

最後も「ちえ」のもんだい。

パターンを見つけて「?」にシールを貼ります。

こういう問題って、正解用のシールしか無い時がありますが、今回はハズれようのシールもありました。

取り組みの様子的には、問題なくクリア。

こういったワークが初めての場合は戸惑うかもしれませんが、ポピーで慣れていたので簡単にとけたようです。

まなびwith 年中 おためし教材ちなみに、今回のお試し教材は「4月号5月号」レベルのものとのこと。

これならすぐに入会しても、問題なくこなせそうです。

 

 

年中コース(2020年度)のカリキュラム

まなびwithの年中コースのカリキュラムをチェックしました。

まなびブックの難易度と到達点

  • もじ・ことば・・・ひらがな50音を読める書ける
  • かず・かたち・・・数と数字の対応、比較が分かる
  • たいけん・・・・・自ら考えて行動し、挑戦したことをやり遂げる
  • ちえ・・・・・・・知識や経験を組み合わせて考える

 

年中コースからはじまる分野が「ちえ」です。

「推理」「観察」「構成」「論理」の4つの力を育てます。

まなびwith プログラミング

手持ちのスマホ・タブレットで使える連動型のデジタル教材も!

プログラミング学習の下地を2年かけて育てていきます。

4月に届く教材(入会時に届くもの)

4月の進級時や、年中コースへの入会時に届くものです。

  • おふろで使えるカタカナポスター
  • ひらがなステップノート
  • おりたんおりがみ
  • もじ・かずしたじき
  • ユビックス(えんぴつ持ち方教具)

 

覚えたいものを身の回りにおくことの効果は絶大です。

我が家でも、お風呂ポスターで数を覚えるスピードが加速しました。

年中コースで届くのはカタカナポスター。

ひらがなには慣れ親しんでますが、カタカナに早く慣れるようにと用意されています。

 

下敷きでは「ひらがな」「10までのかず」が両面でみることができます。

ワーク時に使うだけで、かな文字と数も身につきそうです。

 

ひらがなのなぞり書きをマスターするための教材「ひらがなステップノート」もついてきます。

まなびwithは、会員サイトでひらがなのワークをいくつか用意しているので

このステップノートと合わせて使えば、ひらがなの習得はかなり早まるのではないかと思います。

特別教材の種類と届く月

メインのまなびブック以外の教材は、月ごとに届くものが違います。

  • 4月・・・うきうきDVD
  • 5月・・・まなぼうず絵本
  • 6月・・・なし
  • 7月・・・反対言葉カード・まなぼうず絵本
  • 8月・・・なし
  • 9月・・・添削テスト
  • 10月・・・うきうきDVD
  • 11月・・・まなびブロック(知育ブロック)・まなぼうず絵本
  • 12月・・・なし
  • 1月・・・添削テスト・うきうきDVD
  • 2月・・・なし
  • 3月・・・なし

 

うきうきDVD・まなぼうず絵本は、学年関係なく同じものが届くようです。

まなびwithでの英語学習は、DVDで触れる程度です。

まなびブロックや、反対言葉カードは、後の号から入会してももらえる教材です。

 

たとえば、11月号で入会すると・・・

入会特典の5種類の教材 + まなびブロック + 反対言葉カード

の全てが一気に届きます。

 

じゃあ、後から入会したほうがお得なんじゃ・・・と考えちゃうかもしれませんが

4月号入会だと他の月にはないプレゼントがあるのです。

入会キャンペーンの内容

まなびwith 入会プレゼント

2020年の4月号で入会した場合のみ、「おしたくボード」のプレゼントがあります。

学年関係なく、幼児コースなら必ずもらえるプレゼントです。

昨年は別のプレゼントだったので、おしたくボードが欲しい場合は、2020年4月の入会でしかチャンスはありません。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事