ポピー お試し教材

ポピーお試し教材の感想です。

ポピっこきいどりのおためし号を取り寄せました。

年少向け教材からの抜粋版ですが、実際にやらせてみて反応を確かめました。

ポピーは簡単すぎるという口コミも見かけますが、実際には思った以上に難易度が高いと思いました。

お試し教材の内容

内容は全部で11課題ありました。

 

  • ゆび迷路(運筆)
  • 虫シール貼り(自然)
  • おべんとうシール貼り(かず)
  • パンシール貼り(かず)
  • かえるとかめのかずシール(かず)
  • 3を通る迷路(運筆・かず)
  • ぞうさん(工作)
  • かきくけこ文字シール(もじ)
  • まちがいさがし(ちえ)
  • 迷路(ちえ・運筆)
  • 3のものを囲む(かず)
  • 飛ぶものシール(自然)

 

ざっと目を通した感じでは、「かず」の課題が多いなと思いました。

それぞれ、保護者向けのアドバイスも載っているので、親子で取り組むタイプの教材になります。

お試し教材の感想

ポピーきいどりはシール貼り学習がメイン

ポピー お試し教材

まだ、年少向けの教材なので、鉛筆で回答を書くようなドリルではありません。

シールを貼りながらの学習がメインとなっています。

シール貼りは子どもが好きな作業なので、

「ドリルがすぐに終わってしまう」という口コミが多いのもうなずけます。

かずの基本1対1対応は食べ物で

ポピー お試し教材

他社の教材にもあった、1対1対応のページです。

お友達の前に足りないものを並べてね、という問いかけになっています。

3歳半の娘にやらせてみたら、すんなり貼っていました。

1年前なら、同じ柄のところにシールを貼ってました(バーガーの上にバーガーシールを重ねる)

成長に沿った内容のドリルだなと感じました。

かずについては難易度が高めの課題も

ポピー お試し教材お試し教材の中で

「おや、これは?」

と思った課題です。

 

イラストの中から、3のものを線で囲うという課題です。

これってちょっとハードル高めですよね。

ホットドックや、アイスのようにL字で3個のものもあるので、なかなか難易度の高い課題です。

難易度は他の教材に比べて難しい

全体的に見てみて、シール貼りが多いので作業自体は簡単に感じます。

でも、課題の内容は他の教材に比べると難しく感じました。

 

かずの課題の難易度が高い

ポピーお試し教材

他社のお試し教材でも、「かず」をテーマにした課題はありました。

しかし、ポピーにしか無い難易度のものがありました。

 

  1. 3だけ囲む・3だけ通る
  2. 数字のシールを貼る

 

この2つです。

他の教材では1対1対応程度の課題が多く、3個という数字を扱っているものが見当たりませんでした。

3個だけ通る、3個を囲むという課題は頭ひとつ抜けて難しく感じました。

 

もう一つが数字シールです。

亀とカエルを数えよう、までは他社でもありそうな課題です。

そこからさらに「数字シールを貼ろう」と発展しています。

数字シールを貼るということは、数字が読めるということです。

これも他社では見なかった難易度の課題です。

 

文字課題も他より難易度が高い

ポピーお試し教材

お試し教材の中に、「カキクケコ文字シール」の課題がありました。

写真を見て、頭文字のひらがなシールを貼るという課題です。

カラスの写真の横には「か」というシールを貼るのです。

 

他社だと、読み上げるだけのものがメインです。

Z会でもシール貼りはあったものの、うっすらと印刷が入っていて答えが見えています。

ところがポピーのものは真っ白なのです。

 

ヒント無しで、自分でひらがなを探して貼らなくてはなりません。

しかも、「ひつじ」とか「にんじん」みたいなトラップまで用意されています。

なかなかハードルが高いです。

ポピーの教材は費用が安いのに難易度も高い

口コミでよく見かけた「すぐ終わってしまう」は納得できました。

シール貼りメインなので、どんどん進めてしまうんでしょうね。

ただ、簡単すぎるというのは違うかなぁと思いました。

 

他社に比べると、難易度は高めです。

数字やひらがなが、ある程度読めることを前提とした作りの教材となっていました。

今まで一度もお勉強活動をしていないお子さんだと、戸惑いそうです。

 

それにしても、他の通信教育に比べるとコスパがいいのは魅力的です。

家庭教育を始めてみたい人なら、手軽に始められますし

他の習い事との併用なら、経済的で助かりますね。

お試し教材を実際に見てみて、人気の理由がわかったような気がしました。

どれを選べばいいかわからないパパママにおすすめ

こどもちゃれんじ ほっぷ 資料請求

はじめての教材選びなら一番のおすすめは「こどもちゃれんじ」です。

どんな教材も、飽きてしまったら意味がありません。

 

こどもちゃれんじは、

飽きずに子どもだけでも取り組める教材です!

忙しくて一緒に取り組む自信がないママにもおすすめです。

おすすめの記事