Z会 年中 おためし 口コミ
スポンサーリンク

Z会年中コースのおためし教材が届きました!

2020年度4月年中コースの内容です。

おためし教材をやらせてみた口コミと、年中コースのカリキュラムなどを紹介します。

Z会の年中コースのおためし教材口コミ

お試し教材の内容

届いた資料とおためし教材の内容です。かなりずっしりと重めの封筒です。

大きく分けて、案内資料やキャンペーン情報、おためし教材にわかれています。

Z会 年中 おためし 口コミ

おためし教材は

  • かんがえるちからワーク
  • ぺあぜっと
  • ぺあぜっとシート・おへんじシート
  • ぺあぜっとi
  • ひらがなだいすきワーク

が入っていました。

年中のかんがえるちからワークの口コミ

表紙から、さっそく迷路のあるワークです。

特に何も言わなくても、表紙の迷路をなぞって楽しそうに始めてました。

Z会 年中 おためし 口コミ

Z会の幼児コースは、先取りではなく「あと伸び」重視。

ですが、年中ではひらがなの「書き」に力をいれているそうで、おためし教材にもひらがなのワークがありました。

Z会 年中 おためし 口コミ

ひらがなのなぞり書きって、普通は「し」「つ」などの一筆文字から始めます。

いきなり「あ」なので、おや?と思いました。

Z会 年中 おためし 口コミ

難易度的には、年少冬~年中夏までの内容とのこと。

実際には何月号で「あ」が出るのかわかりませんが、夏までには一通りひらがなの書きをやり終えるのかもしれません。

カリキュラムを見てみたら、8月号には「小さい(っ)のことば」というワークが出てました。

 

Z会 年中 おためし 口コミ

つぎのページは、植物の葉と花をむすぶワーク。

これには、苦戦してました。

うちの子は、習字のおかげで「ひらがな」は得意。RISUきっずをしていたので「かず」も得意です。

ただ、植物のような理科系の分野はあまり力をいれてません。

もっと図鑑とか読ませてあげなきゃな・・・と気づかせられました。

 

隣のクッキーの数をかぞえるのは簡単すぎてすぐにといてました。(数字を書くのも)

Z会 年中 おためし 口コミ

次は買い物の迷路。

これも問題の内容をしっかり理解できて、必要なお店だけ寄って自宅まで戻れました。

苦戦したのは、隣の「もとのかたち」

魚の切り身から、元の生き物はどれ?と選ぶ問題。

 

植物の組み合わせと同じく、こういう問題が苦手だと気付かされます。

Z会 年中 おためし 口コミ

次は生活の問題。

ようふく・くつした・ハンカチのイラストシールを分類して貼ります。

これも簡単。

 

次はころがるものはどっちかな?の問題。

これも普段の遊びの中で身についているのか、即答してくれました。

最後は「形」の問題です。

Z会 年中 おためし 口コミ

折り曲げた紙を点線で切り、開いたらどんな図形になるかな?という問題です。

難しいかな・・・?と心配しながら見せてみましたが、これが意外にもスイスイといてました。

 

「え?これ分かるの??」
という問題もあれば
「これがわからないのか~・・・」
気付かされました。
やらせてみないと、わからないものですね。

ひらがなだいすきワーク

Z会の年中講座では「ひらがな”書き”重点カリキュラム」になっています。

4~10月号のあいだは、メインの「かんがえるちからワーク」とは別に「ひらがなだいすきワーク」というワークが別でついてきます。

そのおためし版が入っていました。

Z会 年中 おためし 口コミ

表紙は運筆の大特訓内容です。

はね・とめ・はらい、など、ひらがなを書くためのポイント満載です。

 

Z会 年中 おためし 口コミ

中は、ひらがなをなぞったり、シール貼りでひらがなに慣れる内容になっています。

見本は4月号の抜粋とのこと。

メインのワークにも、ひらがなのなぞり書きが出てくるので、取り組みとしてはかなりのボリュームになりますね。

Z会 年中 おためし 口コミ

このワークは、4~10月号の受講特典としてついています。

内容は、4~10月分の合計7冊で、全80ページ程度。

7冊にわかれていますが、届くのは初回に6冊。10月号の1冊だけは10月号に届く仕様です。

4月号の入会時点で、まとめて6冊届くので得意な子はどんどん進めることもできます。

ぺあぜっと

親子で取り組むワークのぺあぜっと。

かんがえるちからワークにも、ころがるのはどれ?というワークがありました。

ぺあぜっとでは関連して、ころがしゲームが紹介されています。Z会 年中 おためし 口コミ

ぺあぜっとも、一応ワークなので「やったよシール」を貼って、

取り組んだ達成感を出せるようになってます。

Z会 年中 おためし 口コミ

家にあるものだけで、簡単にころがす遊びができます。

絵本を使ってもいいですけど、見本のようにダイニングテーブルを使うと、ダイナミックに遊べて子どもが興奮しそうです。

Z会 年中 おためし 口コミ

机はちょっと、という時に使えるのが新聞紙の転がし遊び。

これも家にあるものだけで、簡単にできます。

Z会の幼児コースは、このぺあぜっとがウリ。

座学だけじゃなくて、身近なもので体験学習して、からだで覚えることを重視してます。

Z会の幼児コースを受講するかどうかは、この「ぺあぜっと」を一緒に取り組む余裕が、親にあるかどうかで決めないといけません。

Z会 年中 おためし 口コミ

ぺあぜっとの内容は1ヶ月が48ページ。

取り組み目安は、月8回(10分~1時間/回)となっています。

準備に時間がかかるものもあるので、そういうものは1時間くらいかかりそうですね。

ぺあぜっとシート(提出課題)

年中コースからはじまる、提出課題。

おためし教材では、記入済みの見本シートが入っていました。

Z会 年中 おためし 口コミ

これは、提出する課題の見本です。

毎月1回送ります。見本の課題は「おおきいもの」でした。

上半分は、主に親が記入する欄。こどもとお話をしながら記入します。

下は子どもが自由に記入できる欄です。

見本ではおおきいものとして、ゾウのイラストが描かれています。

 

対して、返ってくる返事の見本もついてます。

Z会 年中 おためし 口コミ

提出したシートの裏面に先生からのお返事がかいてあります。

年中の子どもにとって、自分宛ての手紙が届くという経験は少ないもの。

通信教育を続けるモチベーションになってくれるのでは!と思います。

年中コース(2020年度)のカリキュラム

Z会 年中 おためし 口コミ

かんがえるちからワークのカリキュラム

  • ことば・・・ひらがなの読み書き。カタカナの読み。語彙力を増やす
  • 数かたち・・・1~10の数を理解。平面・立体図形の認知。数の合成・分解。条件整理。
  • 生活ほか・・・身近な生き物の特徴。課題描画など

 

Z会 年中 おためし 口コミ

 

とにかく、ひらがなの「書き」にとっても力をいれています。

もちろん、それだけではないんですけど。

ひらがなへの力の入れ方に熱を感じます。

ぺあぜっとのカリキュラム

Z会 年中 おためし 口コミ

 

  • 4月「かたち」
  • 5月「のはら」
  • 6月「おと」
  • 7月「なつ」「かがくあそび」
  • 8月「からだあそび」「かがくあそび」
  • 9月「のびる・ちぢむ」「ジャンプ」
  • 10月「あき」
  • 11月「むすぶ」
  • 12月「ふゆ」「おおそうじ」
  • 1月「はこ」
  • 2月「みぎ・ひだり」「さかさま」
  • 3月「かいもの」

 

体験学習がメインなので、親子で取り組むワークです。

自宅にあるものを使う内容がほとんどなので、準備をする手間があるともいえます。

逆に、自宅にあるものなので、何度でも繰り返し体験できます。

この「ぺあぜっと」を楽しんで取り組めるかどうかが受講するかの決め手になります。

年中コースの副教材

Z会 年中 おためし 口コミ

年中コースの副教材は、4~10月号で届く「ひらがなだいすきワーク」。

他には、データでの配信ですが英語教材の「きいてわくわくえいごパーク」があります。

 

きいてわくわくえいごパークの詳細

きいてわくわくえいごパーク

2020年度からはじまるサービスです。

Z会幼児コースの、「年中」「年長」コースのみが利用対象です。

利用には、スマホやタブレットを自分で用意する必要があります。

 

年に4回の配信で、内容は英語での「かるた」や「もぐらたたき」などの遊び感覚の教材です。

年中と年長で体験できる内容が違うのか、同じかは、いまのところ不明です。

 

この教材は、英検ジュニアオンライン版の内容を、一部Z会向けに編集したものだそうです。

英検ジュニアオンライン版の学習教材は、1ヶ月1,000円~2,000円くらいかかります。

一部のみとはいえ、この教材も使えるのは、お得に感じますね。

入会キャンペーンの内容

Z会 年中 おためし 口コミ

2020年度の年中コース入会キャンペーンです。

通常の入会プレゼントとは別に、1月30日までの入会でプレゼントが3つ増えます。

  • ステンドうちわ
  • かんがえるちからワーク年中準備号
  • イーマルエプロン

 

Z会は、1ヶ月から受講できて入会金や年会費も不要。

気軽に始められて良心的です。

無料のおためし教材でも、いまの子どもの得意不得意を知るきっかけになりますよ!

うちの子は「自然」系の問題が足りてないな~と気づけました。
親のやる気次第ですが・・・
ぺあぜっとでの取り組みを増やせば
今までの足りてない部分を補えそうだなと思いました。
スポンサーリンク
おすすめの記事