幼児向け通信教育の種類!英語・工作など特徴や添削のありなし
スポンサーリンク

幼児向け通信教育の種類はいくつかありますが、それぞれ特徴があります。

英語・工作などの内容の特徴・違いのほか、教材の届くスケジュールや添削の有無などのシステムの違いもあります。

大まかにどんな違いがあるかまとめてみました。

幼児向け通信教育の種類

カリキュラムの違い

一番の大きな特徴の違いはカリキュラムです。

就学前の最低限の準備をしてくれる幼児向け通信教育ですが、その方法は違います。

「ひらがな」でも、読みを暗記させるスタイルから、語彙力を増やすことを優先させるものまで、教材により指導方法が違います。

総合講座でも英語が学べるこどもちゃれんじのように、目立った違いがある教材もあります。

添削(提出課題)のありなし

未就学児向けの通信教育でも「添削(提出課題)」のある講座もあります。

ただただ、毎月受け取って、なんとなくこなすよりも

先生に提出してお返事がくると、やりがいもあります。

デメリットとしては、添削サービスのある講座は、受講料も高めです。

教材が届くシステムの違い

大きく、まとめて届くスタイルと毎月届くスタイルにわかれます。

毎月届くものでも、学年や年齢に合わせて届くものから、年齢に関係なく分割形式で届くものまであります。

わんこそばのように、答案を提出した分だけ届く教材もあります。

スタイルとしては、毎月届くシステムのほうが一般的です。

対象年齢の違い

一番、低年齢向けのものですと、0歳から対象としている教材もあります。

あ、胎教というものもありますね。

鉛筆を握ってお勉強に近い形式の教材は、年少向け(3~4歳)を対象にしたものが多いです。

英語・工作・絵画・科学・算数など内容の特徴

理数系(科学・算数)に力を入れている幼児向け通信教育

こどもちゃれんじ~サイエンスプラス~

サイエンスプラス

オプションにはなりますが、科学実験ができるサイエンスコースが受講できます。

対象はすてっぷ(年中)とじゃんぷ(年長)の2学年です。

「われないしゃぼんだま」「磁石」「色水実験」「野菜栽培」など、実験のキットが隔月で届きます。

こどもちゃれんじ会員以外の人でも、サイエンスキットだけ受講することもできます。

  • 非会員受講料:1,644円/回
  • 会員受講料:1,070円/回

 

Z会

Z会 実験

Z会幼児コースの実験は、工作課題として組み込まれています。

手作りおもちゃで知育あそびのような課題ですが、中学受験で出題される問題の原体験につながっています。

ただ、反応を面白がるのではなく、この先に続くまなびの種になる内容です。

 

小学生以上が対象になりますが、Z会ならプログラミング講座もあります。

レゴブロックを使った本格的なプログラミングが学べます。

 

 

まなびwith

まなびwith おはじき

まなびwithの特別教材は他の教材に比べて、小学校でのまなびにつながりやすいものとなっています。

はなおはなじきもその1つ。

小学校のお道具箱でおなじみの教具が年少向けコースの教材として入っています。

まなびwithで、こういった教具に慣れておくと、入学後の授業で即実践できます。

英語に力を入れている幼児向け通信教育

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじ 英語

こどもちゃれんじは、通常の講座内容に英語が組み込まれています。

さらにステップアップした内容が良ければ「こどもちゃれんじEnglish」を副教材としてとることもできます。

他の英語専門教材に比べると、内容は薄いですが、英語に慣らしてあげたい程度であれば、これだけで十分です。

英語も学べると考えると、コスパはとても良いです。

 

スマイルゼミ

スマイルゼミ 英語

未就学児の英語学習なら、アルファベットをながめるアナログ学習よりも

見たり聞いたりする学習方法のほうが身につきやすいです。

その点、スマイルゼミはタブレット学習なので、ネイティブの音声を聞きながら学べます。

また、子どもの声を録音する機能もあるので、発音練習にも役立ちます。

芸術系(工作・絵画)に力をいれている幼児向け通信教育

こどもちゃれんじ~表現プラス~

表現プラス

こどもちゃれんじのオプション教材に「表現プラス」というものがあります。

通常の教材に加えて、工作に特化したワークがついてきます。

サイエンスプラスと同じく、会員以外でも「表現プラス」のみ受講することもできます。

  • 非会員受講料:822円/回
  • 会員受講料:535円/回

 

臨床美術の通信教育

ここまでで紹介した通信教育とは別のものになりますが「臨床美術」の通信講座があります。

レッジョ・エミリアメソッドのような本格的なものではありません。

特に子ども向けに特化してませんが、子どもでも取り組める内容です。

 

添削サービスがないので、作りっぱなしになってしまいますが、自由な発送で創作する楽しさを学べます。

親子で取り組むのも面白そうです。

 

幼児向け通信教育の届くスケジュールとシステム

まとめて届く教材

契約をすると、教材がまとめて全て届くものがあります。

例えば英語教材の「ディズニー英語システム(DWE)」などがそうです。

分割では届かずに、購入した教材が一式届きます。

子どもの習得具合を見ながら、ちょうどよい教材を与えなくてはいけないので手間がかかります。

好きな順に好きな教材から取り組みたい人におすすめです。

学年に合わせて毎月届く教材

  • こどもちゃれんじ・こどもちゃれんじEnglish
  • ポピー
  • Z会
  • まなびwith
  • スマイルゼミ

 

これらの教材は、学年に合わせて毎月届きます。

入会時期に関わらず、「学年+◯月号」という決まった教材が届きます。

在庫があればバックナンバーを取り寄せることもできますが、あまりそういった使い方はしません。

 

兄弟がいる場合、教材の内容が変わっていることもあります。

年齢に関係なく毎月届く教材

  • ポピーKidsEnglish
  • プログラミング教材:Z会

 

この教材は、12回分、24回分という回数の決まりのみある教材です。

対象年齢もおおまかに決められていて、いつ始めても同じ教材が届きます。

一度に届かないので、新しい教材が届くたびに新鮮な気持ちで取り組めます。

求める受講スタイルと内容で決める!

ハート

幼児向け通信教育は似たような内容に見えますが、意外と違いは大きいです。

まずは、家庭学習に何を求めているかを考えてみてください。

それによって、家庭に合った教材が見つかります。

 

例えば中学受験を考えるならZ会がおすすめですし、

就学準備なら、まなびwithがおすすめです。

英語も工作も実験も全部欲しいなら、こどもちゃれんじがバランス良くそろっています。

 

お試し教材をひと通り取り寄せて相性チェックすると良いですよ~!

スポンサーリンク
おすすめの記事