幼児 通信教材 安い

通信教育はとってみたいけど、できれば安いものが良い・・・

ということで、幼児の通信教育の費用をまとめてみました。

 

月額費の比較と、教材の内容をチェック!

安さと内容のバランスが良いコスパ教材を探してみました。

幼児通信教育の費用・料金・会費の一覧

年少の会費比較(1ヶ月あたり)

こどもちゃれんじ 2,336円
幼児ポピー 980円
Z会 2,102円
まなびwith 2,268円
スマイルゼミ -
ハローキティゼミ/のりものゼミ 2,614円
学研通信講座 (2教科)7,020円
公文式通信学習 (1教科) 8,100円
七田式通信教育 8,550円

すべて税込(8%)

年中の会費比較(1ヶ月あたり)

こどもちゃれんじ 2,336円
幼児ポピー 1,100円
Z会 2,799円
まなびwith 2,538円
スマイルゼミ 3,888円+端末代+修理保証
ハローキティゼミ/のりものゼミ 2,614円
学研通信講座 (2教科)7,020円
公文式通信学習 (1教科) 8,100円
七田式通信教育 8,550円

すべて税込(8%)

年長の会費比較(1ヶ月あたり)

こどもちゃれんじ 2,336円
幼児ポピー 1,100円
Z会 2,848円
まなびwith 2,538円
スマイルゼミ 3,888円+端末代+修理保証
ハローキティゼミ/のりものゼミ 2,614円
学研通信講座 (3教科)11,340円
公文式通信学習 (1教科) 8,100円
七田式通信教育 8,550円

すべて税込(8%)

毎月の会費が安い教材ランキング

1位:幼児ポピー【980円~】

幼児ポピー 口コミ安さダントツのポピーです。

2,000円台が相場の通信教材の中で唯一1,000円前後の教材です。

 

会費は安いですが、シールや工作などのワークもあり、コピー用紙を集めただけのようなチープさもありません。

年中以降は100円ほど高くなりますが、その分ドリルが別冊になり2冊組になります。

それでも1100円(税込)という良心価格です。

2位:こどもちゃれんじ【2,336円】

こどもちゃれんじ ほっぷ キッズワーク 体験版

3年間すえおきで変わらず2,336円の受講費の「こどもちゃれんじ」

この金額で、エデュトイやDVD,絵本がついてきます。

他の教材と違い英語の学習もカバーしていてこの金額はお値打ちです。

 

月齢にあったエデュトイが届くので

おもちゃ代わりにこどもちゃれんじを使うのも経済的です。

 

エデュトイやDVDが苦手な場合は、「思考力特化コース」という

DVDやエデュトイをカットして、変わりにドリルを増やしてくれるコースもあります。

料金そのままです。

 

選択肢が多いので、子どもの興味の変化にも対応してくれる教材です。

3位:まなびwith【2,268円~】

まなびwith 資料請求

年少コース時は、こどもちゃれんじより安いですが年中以降は高くなるので3位にしました。

ドリルワーク中心の教材です。

年に何度か特別教材として、おはじきやDVDなどが届きます。

 

年中以降に教材費が高くなるのは「添削サービス」が開始するからです。

テストの練習をすることで小学校入学に備える内容になっています。

幼児教室の授業料比較

通信教育以外の、通学塾(幼児教室)の月謝も調べてみました。

べびーくもん 2,160円 月1回/20分程度
公文式 (1教科につき)
東京都・神奈川県:7,560円/月
その他の地域:7,020円/月
週2回/1教科30分程度
ミキハウスの幼児教室 8,640円 週1回/60分程度
幼児教室ドラキッズ 8,640円 週1回/60分程度
学研 ほっぺんくらぶ 4,720円~ 月2回/60分程度
学研幼児教室(さんすう・こくごコース) 8,640円 週2回/60分程度
めばえ教室 6,500円 50分授業 年間42~43回
平均IQ140のベビーパーク 15,120円+税 50分×年間42回のレッスン
TOE キッズアカデミー 14,500円+税 50分×年間42回のレッスン

 

3歳以上になると、塾スタイルの教室も出てきます。

教室の授業時間は60分程度のところが多く、月謝も8,000円前後です。

公文式や学研教室は週に2回の通学なので、1回あたりは1,000円くらいです。

 

それでも、通信教育と比べると費用は高いですね。

お金をかけないことと幼児教育のバランス

家庭でできる通信教育もピンキリで、七田式のように年間10万円くらいかかるものもあります。

逆に、ポピーのように月1,000円くらいのお値打ちなものもあります。

 

お金をかければ良い教育かといえば、必ずしもそうではありません。

でも、お金がかかっているものにはそれなりの理由があります。

 

節約優先なら、幼児教材そのものが不要です。自作するのが一番安いです。

ただ、自作に凝りすぎて作った教材を使う時間がなくなってしまっては本末転倒。

子どもと一緒に取り組んで、色んな経験をすることが最優先だと思うので

ライフスタイルや教育方針に合ったもので、ほどよいバランスのものを見つけて活用してはどうでしょう(*^_^*)

 

うちは今のところ、ポピーがちょうどバランス良くて気に入っています。

どれを選べばいいかわからないパパママにおすすめ

こどもちゃれんじ ほっぷ 資料請求

はじめての教材選びなら一番のおすすめは「こどもちゃれんじ」です。

どんな教材も、飽きてしまったら意味がありません。

 

こどもちゃれんじは、

飽きずに子どもだけでも取り組める教材です!

忙しくて一緒に取り組む自信がないママにもおすすめです。

おすすめの記事