AI国語算数トレーニング・コアトレの比較~先取り学習の違い
スポンサーリンク

2022年4月から「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」の両講座で先取り学習サービスがはじまります。

スマイルゼミでは「コアトレ」という名前で、幼児から中学生までの学びを無学年で取り組めます。

進研ゼミでは小学生講座内で「AI国語算数トレーニング」として、1年生から6年生までの内容の先取りができます。

 

どちらも2022年4月からのサービスで実際に試すことはできません。

事前にわかっている情報をもとに、よく似たサービスの内容を比較してみたいと思います。

 

先に公式サイトをチェックしたい方はこちら

スマイルゼミ「コアトレ」進研ゼミ「AI国語算数トレーニング」の共通点

ステージ制で先取り学習ができる

スマイルゼミのステージ

進研ゼミのステージ(ページ内左)

スマイルゼミの「コアトレ」も、進研ゼミの「AI国語算数トレーニング」も

どちらも、ステージ制を採用しています。

 

一定のカリキュラムをクリアすると、次のステージにステップアップしていきます。

2021年11月現在の資料では、スマイルゼミが14ステージ(14段階)。

  • ステージ1~3・・・幼児/小学生低学年レベル
  • ステージ4~7・・・小学生中学年レベル
  • ステージ8~11・・・小学生高学年レベル
  • ステージ12~14・・・中学生レベル

 

進研ゼミは6ステージ(6段階)の設定になっています。

たぶん、1学年1ステージの作られているのかなと思います。

算数と国語に対応している

スマイルゼミも、進研ゼミも無学年学習で採用しているのは「国語」と「算数」です。

スマイルゼミ「コアトレ」 進研ゼミ「AI国語算数トレーニング」
国語 文字、漢字・言葉・文のしくみ 漢字・語彙・読解
算数・数学 計算・数量・図形 図形・計算・データ活用

 

基本料金内で追加のオプション料金は不要

どちらのサービスも、追加料金は不要です!

月々の会費のみで利用可能です。

全国の会員と競い合うことができる

ステージごとに、理解度の確認&定着として、全国の会員と競える機能がついてます。

 

  • スマイルゼミ「みんトレ」・・・アバターを使って問題の早解き対決ができる
  • 進研ゼミ「計算タイムアタック」・・・スピードバトルに挑戦して上位に入るとバッジがもらえます

 

現時点では、スマイルゼミはアバターでのリアルタイム対戦。

進研ゼミは、名前のみ表示のランキング形式の対戦(全国のみんなが好きな時間に挑戦)。

というスタイルの違いはあるようです。

スマイルゼミ「コアトレ」だけの特徴

範囲が幼児~中学生まで

 

スマイルゼミは、幼児から中学生までのコースがあります。

無学年学習は、この全サービス共通で利用できます。

 

幼児コースから小学生コースの先取りもできるし、

小学生コースから中学生の範囲まで先取りができます。

コースは「算数・数学」「国語」のみで体系的に学習

 

漢字だけ・・・文章だけ・・・というふうに個別での先取りではありません。

ステージ内で、「文字・漢字」→「言葉」→「文のしくみ」と学びを深めてから次のステージに進みます。

2週間のお試し受講ができる

実物のタブレットを使って2週間お試し受講ができます。

タブレットは返却になりますが、会費も返金してもらい解約することができます。

 

コアトレのサービスが始まったら、実機で試してみることもできるのです。

進研ゼミ「AI国語算数トレーニング」だけの特徴

範囲は小学1年生~6年生まで

 

サービスの提供が小学生のコース限定のため、先取り範囲も小学1年生~6年生となっています。

2022年4月から年長コースに「じゃんぷたっち」というタブレットコースが誕生します。

もしかすると、幼児コースからの先取りも将来的に組み込まれるかもしれません。

コースは単元別に取り組める

2021年11月現在の情報です。

取り組める問題数から、コース設定は3コースが想定されます。

 

  1. 漢検対策・・・約11,000
  2. 語い・読解・・・約5,300
  3. 計算・図形・数・量・・・約14,000

専用タブレット以外に自宅PCでも取り組める

小学生講座は、専用タブレットを使う「チャレンジタッチ」コースと、

紙テキストの「チャレンジ」があります。

 

専用タブレットを持っていない「チャレンジ」の受講生も、ステージ制AI国語算数トレーニングを利用できます。

そのため、自宅PCからでも取り組むことができます。※詳細な動作環境は未定

間違えた問題に合わせた攻略レッスンが自動配信

タイトルに「AI」とついているように、取り組んだ問題から苦手問題をサポートしてくれます。

AIが「キミ専用問題」を自動作成して、無駄なく学習できるような機能があります。

AI国語算数トレーニング・コアトレの比較まとめ

スマイルゼミ「コアトレ」

  • 追加料金不要
  • ステージ制先取り学習
  • 「国語」「算数」対応
  • 全国の会員と競える
  • 範囲は「幼児~中学3年生」
  • 2週間のお試し可

進研ゼミ「AI国語算数トレーニング」

  • 追加料金不要
  • ステージ制先取り学習
  • 「国語」「算数」対応
  • 全国の会員と競える
  • 範囲は「小学1年生~6年生」
  • 自宅PCでも取り組める

 

サービス内容を実際に試せない現段階では・・・

大きな違いは先取りの範囲と、利用環境です。

現在、年中で来年が年長の場合は、スマイルゼミ一択になるかと思います。

 

来年、新小学1年生になる我が家は、かなり迷うところです。

ステージ型の先取り学習の問題点

両サービスともに、期待満点なのですが、先取り学習で気になる部分があるのです。

それは「漢字」。

 

ものすごく計算が得意だったとしましょう。

国語は苦手で1年生のまま。

算数だけ小学4年生まで、進んだとします。

 

そのとき、問題文には「ひらがな」がふってあるのでしょうか・・・?

過去に試した、先取り学習系のアプリでは、その対応ができてないものが、ほとんどでした。

 

国語と算数を別コースで設定していますが、

国語の進捗度を自動計算して、算数の問題にルビをふってくれたら100点満点かなと思います。

たぶん、ふりがなついてないんだろうな・・・と思いながら4月配信をまちます。

先取り学習は教材の一部!サービス全体で相性を確認しよう

スマイルゼミも、国語算数トレーニングも新サービスなので、どんな学習スタイルなのか楽しみです!

でも、このサービスってあくまでも「おまけ」なんですよね。

 

基本は、教科書準拠のメイン講座があります。

そちらを毎月きちんと取り組んで、その後のプラスアルファとして取り組むのが、この無学年制サービスです。

 

どちらの通信教育を選ぶか、悩んでいる我が家ですが、

無学年学習だけではなく、他のサービスも総合してどちらがいいか検討しなくちゃなと思っています。

紙講座も捨てがたいのですが、学校もタブレット導入が増えているようですし・・・

4月までにじっくり吟味したいと思います。

 

 

紹介サービスの公式サイトはこちら

スポンサーリンク
おすすめの記事