幼児教室 体験
スポンサーリンク

私は自宅で通信教育がベストだと思っていますが、幼児教室も悪くないと思っています。

実際に、一度だけ無料体験学習に参加したことがあります。そのときには「目からウロコ」の連続を経験しました。

おかげさまで、その後の家庭学習に大変役にたっています。

自宅で家庭学習で勉強させるぞとおもっているパパママにこそ、一度は幼児教室の見学に行ってほしいです。

幼児教室の無料体験に参加した口コミ

私が幼児教室の無料体験に参加したのは、子どもが1歳半を過ぎた頃です。

その教室では約30分の体験レッスンを受けました。

 

  • ごあいさつ
  • 運筆練習
  • ぬりえ
  • つみき
  • おうた
  • ごあいさつ

 

だいたい、こんな流れを6組ほどの親子で体験しました。

流れるような体験で、5分間隔くらいで次々と違うものをやります。

たぶん、集中力があるうちに・・・ということでしょう。

 

この時に参加して目からウロコだったのが

運筆&ぬりえの時のクレヨンは1本だけ

これまでは、クレヨンの箱をそのまま与えていましたが、気が散ってしまうのでこの方法はNG。

最初に1本選ばせたら、その1本(1色)で運筆もぬりえもやらせる。のだそうです。

 

実際に、家で同じことをやらせてもできなかったことが、お教室ではできたのです。

「ほぉ~そうかぁ~」と感心したできごとでした。

 

実際に、その幼児教室の体験は一度だけで入会はしませんでした。

入会しなかった理由は、教室が平日の日中で、その後すぐに保育園に入園が決まったからです。

物理的に通えなかったので通いませんでした。

 

でも、子どもの指導のプロはさすがだなぁ~と大変参考になった30分だったのです。

こういう発見や気づきを得るために、食わず嫌いせずに幼児教室の体験にはぜひ行くことをおすすめします。

特に、家庭学習メインで子どもの指導は自分でやるぞ!と思っているパパママにこそ、行ってほしいです。

無料体験のできる主な幼児教室一覧

幼児教室は、見学できるところがほとんど、中には無料体験ができるところもあります。

個人教室などもあるので、探すのは大変ですが有名な大手教室系なら無料体験をしているところが多いです。

大手の幼児教室の一覧をまとめておきます。

 

幼児教室はいつから通う?

幼児教室の対象年齢は、教室ごとに違いますが小さいところだと0歳からOKというところもあります。

目安としては腰が据わったくらいから参加できるところが多いですね。

乳児向けの教室は基本的に親子で参加するところです。

 

母子分離の教室になると、3歳以上の教室になります。

だいたい幼稚園児くらいになれば親から離れて子供だけでレッスンを受けます。

幼児教室で学べること

知育・能力開発

乳児向けの教室に多いジャンルです。右脳系教室もこの種類に入ります。

フラッシュカードなどを使ったり、IQを上げるための教育がメインです。

小学校受験

有名小学校へお受験するための教室です。

受験対策のため、授業料が高かったり、ママ友付き合いが必要だったりします。

受験する予定がある人は、他の教室より情報が集まりやすいのでおすすめです。

運動・体操

座学のお勉強ではなく体を動かすことをメインとした教室です。

最近では運動ができることが小学校受験にも関係することもあり、受験系幼児教室でも取り組まれる内容です。

幼児期の運動は脳の発達にも役立つので、おすすめです。

英語

英会話教室の子どもコースの場合と、幼児教室の英語コースの場合があります。

英会話教室の子どもコースだと、そのまま小学生以降も同じ教室に通うことができます。

幼児教室の英語コースの場合は、兄弟児が別のコースに通っている時に通学が便利です。

音楽・リトミック

カワイやヤマハなどの有名ピアノ教室から、ダンス教室に近いリトミック教室まで様々です。

将来、ピアノを習わせたいのであれば、見学も兼ねてヤマハやカワイの教室に行くのも良いと思います。

幼児期の音楽教室はレッスン内容が教室によって大きく違うので

「ダンス・リズム中心」「歌中心」などの傾向に注目しながら無料体験を受けてみると良いです。

幼児教室の効果は

幼児教室に入ったおかげで、「◯◯の効果があった」という明確な効果はすぐには分かりません。

分かりやすいもので例えるなら、英語教室で英検に受かった。お受験教室で受験に合格した。というものになるでしょう。

目に見える効果を求めるなら、ゴールを決めて受講することが大切です。

 

未就園児の場合、密室育児にならないようにお友達を作ることを目的で教室に通う人もいます。

目的に沿った効果が感じられる教室なら続けても損は無いと思います。

幼児教室をやめるタイミング

目的を持って入学した教室なら、目的を達成したタイミングでやめればOKです。

受験なら、合格したらやめる。検定なら「◯級」とったらやめる。などです。

お友達目的で入会していた人は、幼稚園の入園をきっかけでやめたと言っていました。

 

いちばん良くないのは、目的もなくダラダラ通うことです。

入会金や年会費を考えると、思いきれないかもしれませんが、やめるときは思い切りも大事です。

家庭学習に切り替えるなら親子参加の教室がおすすめ

勉強は、将来的には通信教育で家庭学習にしよう。

そう思っているなら母子分離の教室よりも、親子教室での体験がおすすめです。

 

先生の教え方や、子どもの興味の持ち方などを実際に見ることができます。

自宅で子どもに教える時に大変役立ちます。

幼児期の学習くらいは自宅で・・・と思うなら

指導のプロの教え方をしっかり見るのは、とっても参考になりますよ!

スポンサーリンク
おすすめの記事