じゃんぷタッチの口コミ・評判は?しまじろうのタブレット教材を詳しくレポ
スポンサーリンク

こどもちゃれんじにタブレット学習コースが新登場しました。

2022年4月開講のコースです。

 

現在、受講中の「じゃんぷ総合コース」との違いや

タブレット学習ができる「スマイルゼミ幼児コース」との違いを

調べて比較してみました。

 

調べた情報は、2021年12月6日現在の情報です。

最新の情報は公式サイトで確認をお願いします。

じゃんぷタッチの口コミ・評判

じゃんぷタッチの詳細・特徴

選べるのは年長コースのみ

タブレット学習「じゃんぷタッチ」は年長のみのコースです。

年中コースに「すてっぷタッチ」というコースはありません。

 

将来的にはあるかもしれませんが

デジタルワークをやってみて先取りが大丈夫そうなら、

じゃんぷタッチを1年先取りしてみてもいいかもしれません。

エデュトイは年2回ついてくる

タブレットで学ぶコースですが、年に2回エデュトイがついてきます。

公式サイトの紹介画像で見る限り、

届くのは「3WAYべんきょうマシン」と「世界地図・漢字ポスター」のようです。

 

3WAYべんきょうマシンは、思考力特化コースでは届きませんが

世界地図ポスターは、どのコースを受講中でも届きます。

 

※2021年度の総合コースと思考力特化コースを参考にした一覧表

じゃんぷ総合コース じゃんぷタッチ じゃんぷ思考力特化コース
3WAYべんきょうマシン -
世界地図・漢字ポスター
その他エデュトイ おじぎそう栽培セット
図鑑シリーズ
なぞときライト
すごろくセット 他
- エデュトイのない号は
紙製の「考える遊び」が
ついてくる

 

他に、「べんきょうどうぐボックス」が、コースに関係なく4月号で届きます。

年中「すてっぷコース」のエデュトイ「とけいマスター」が4月号入会分まで、もらえます。

すてっぷコースで既にもらっている会員には届きませんが

4月号入会の場合は、こちらもコースに関係なく届きます。

タブレット学習以外に紙のワークも届く

タブレットコースを受講していても、年に3回はワークが届きます。

鉛筆で文字を書く練習ができます。

郵送で届くものの年間スケジュール

  • 4月号・・・タブレット・紙ワーク・べんきょうどうぐボックス・べんきょうスタートセット・とけいマスター(※新規入会者のみ)
  • 5月号・・・ひらがなかきじゅんポスター
  • 8月号・・・紙ワーク・3WAY勉強マシン
  • 10月号・・・赤ペン先生の添削問題・1にち1かいべんきょうデジタルスタンプ
  • 1月号・・・こくご/さんすう準備ワーク・世界地図/漢字ポスター

赤ペン先生の添削問題は、総合コース・思考力特化コースのどのコースを受講していても10月号で取り組めます。

郵送物のない月は、学習データをダウンロードして取り組むことになります。

英語学習は他のコースより取り組みやすい

じゃんぷタッチで取り組める領域は全部で12種類あります。

  1. ひらがな
  2. カタカナ
  3. 数・図形
  4. とけい
  5. 考える力
  6. プログラミング
  7. 自然科学
  8. 社会性
  9. ルール・マナー
  10. アート
  11. 音楽
  12. 英語

 

総合コースや、思考力特化コースよりも幅広い内容になっています。

特にタブレット学習の強みを生かした「英語学習」には期待がもてます。

 

じゃんぷたっちの料金・費用

受講費は他のコースより高い

総合コースと、思考力特化コースは受講費が同じですが、タッチコースのみ少し高めの設定になっています。

じゃんぷ総合コース/思考力特化コース じゃんぷタッチ
月払い 月々2,980円 月々3,680円
12ヶ月一括払い 月あたり2,480円(一括払い29,760円) 月あたり2,980円(一括払い35,760円)

 

 

タブレットは6ヶ月以上受講で無料

じゃんぷタッチで使うタブレットは「専用タブレット」です。

市販のタブレットは使えません。

 

入会時に1台届き、費用は発生しません。

入会から6ヶ月以内に退会・解約したり、総合コースや思考力特化コースへ変更する場合は、

「専用タブレット」の代金として9,900円(税込 消費税率10%)がかかります。

 

4月号入会の場合

受講号 タブレット代
4月号 9,900円(税込 消費税率10%)
5月号 9,900円(税込 消費税率10%)
6月号 9,900円(税込 消費税率10%)
7月号 9,900円(税込 消費税率10%)
8月号 9,900円(税込 消費税率10%)
9月号 9,900円(税込 消費税率10%)
10月号以降 無料
0

 

オプションでタブレットの保証サービス代もかかる

タブレットには1年間の自然故障への保証がついています。

それ以上の機器保証には、オプションの「チャレンジパッドサポートサービス」への加入が必要です。

 

サポートの契約料金は、1ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の単位で申し込めます。

じゃんぷチャレンジ入会時のみ申込みが可能です。

  • 1ヶ月単位:360円(年間4,320円)
  • 6ヶ月単位:1,950円(年間3,900円/月あたり325円)
  • 12ヶ月単位:3,600円(月あたり300円)

 

サポート期間内の交換は、3,300円/回の有償です。

保証サービス未加入の場合は、39,800円/台かかります。

じゃんぷタッチの使い方

基本操作は指タッチ

じゃんぷタッチのタブレット操作は

指でタッチして学習に取り組むスタイルです。

 

文字を書く学習のときに限り、専用のタッチペンを使用します。

2022年度からの新タブレットは、画面に手を付きながら字がかける最新仕様です。

オフラインでも使えるけど…インターネットは必須

じゃんぷタッチは、毎月の教材をインターネットでダウンロードして使います。

そのため、インターネットの環境は必ず必要です。

常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください(10Mbpsを推奨)。

 

同じくタブレット学習コースの「チャレンジタッチ」は

教材をダウンロードしておけば、外出先のオフライン環境でも使用できます。

 

だから、「じゃんぷタッチ」も同じように

外出先でもつかえる「いつでもタッチ」モードが

使えるのではないでしょうか。

取組状況は保護者向けサービスで管理

日別・月別・年別に学習履歴を確認することができます。

その他に、タブレット内でこどもが書いた作品がメールに届いたり、

子供とメールでのメッセージのやりとりもできます。

お手紙のやりとりのメール版ですね。
娘もキッズスマホから、スタンプメールを送るのが好きです。
喜んで使うお子さん、多そうですね♡

スマイルゼミ幼児コースとの違い

タブレット学習専門の通信教育サービス「スマイルゼミ」とコース比較をしてみました。

費用

スマイルゼミ じゃんぷタッチ
月額会費 税込3,278円/月(一括払い39,336円) 税込2,980円/月(一括払い35,760円)
タブレット代※ 税込10,978円(初回のみ) 0
保証サービス 税込3,960円/年 税込3,600円/年
修理交換費用 税込6,600円/回 税込3,300円/回

※入会後6ヶ月以上継続した場合の費用
※スマイルゼミは解約時期により、7,678円~32,802円のタブレット費用が別途必要
※じゃんぷタッチは、6ヶ月未満で解約もしくはコース変更をした場合、9,900円のタブレット費用が別途必要

 

学習内容

どちらの教材も

  • 「ひらがな・カタカナ」などの文字学習
  • 「かず」「とけい」などの算数の土台
  • 「ちえ・かんがえるちから」などの論理的思考
  • 「しぜんかがく」
  • 「社会性・ルールマナー」などの生活分野

はカバーしています。

 

違う点は、じゃんぷタッチだけには

  • プログラミング
  • アート
  • 音楽

という分野が入っていることと。

実際に郵送で届く、手書きの教材も含まれている部分です。

 

逆にスマイルゼミでは、2022年4月からの「コアトレ」というサービスで

幼児コースから小学生の内容まで先取り学習ができます。

さらに有料オプションで、英語コースの深堀りもできます。

 

費用面では、じゃんぷたっちのほうが始めやすい印象です。

内容面は好みが分かれそうなので、実際に試してみるしかなさそうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事