子ども向けの英語教室比較!性格にあった選び方のポイント
スポンサーリンク

子ども向けの英語教材は、年々種類が増えているので家庭学習も気軽に始めやすくなりました。

一方で、家庭学習だけで大丈夫かな?と続けているうちに不安も出てきたりします。

英語はインプットと同じくらいアウトプットも大切です。

子どもの通いやすい英語教室を比較してみました。

おすすめの英語教室

イーオンキッズ(AEON KIDS)

オリコン顧客満足度 2年連続英会話スクールNo.1(2019、2020)
イード・アワード総合満足度 3年連続英会話スクール最優秀賞(2017〜2019)

英会話イーオン

ランキング常連の人気の英会話スクール。子ども専用の「イーオンキッズ」なら1歳から通うことができます。

講師は日本人講師とネイティブ講師の両方が在籍。

最初は日本人講師、あとからネイティブ講師にとステップアップしたり、両方の先生からフォローをしてもらうこともできます。

日本全国に教室があるため、引っ越しても転校して続けやすいです。

月謝目安  7,590円(ベビー)~8,800円(6歳)
講師 外国人教師と日本人教師のダブルフォロー体制
無料体験 あり
対象年齢 1歳から
教室数 全国46都道府県に200校以上

シェーン英会話

オリコン顧客満足度 こども英語小学生低学年第1位(2020年)

シェーン英会話の講師は、英語を母国語としたネイティブです。さらに、CELTA、CertTESOL等の英語指導の国際資格も持っています。

また、語学学習サービスに特化した国際規格ISO29991認証を、大手英会話スクールとしては日本初取得した教育施設です。

教室も講師も第三者が認定した資格をもっているので、安心感があります。

月謝目安 10,450円(2~3歳・少人数レッスン)~28,050円(年中&年長・個人レッスン)
講師 英語を母国語としたネイティブ講師・日本人講師
無料体験 あり
対象年齢 2歳から
教室数 全国208校以上

ペッピーキッズクラブ

クラスメイトと楽しく学ぶことを大切にしている教室

楽しく続けることを大切にしているこども英会話の教室です。

クラスは学齢別コースで、クラスメイトと一緒に学び進級していきます。

授業参観や季節ごとの行事もあり、学校に近い環境で学ぶことができます。

月謝目安 3,773円(1歳・親子コース)~7,700円(4~6歳・グループレッスン)
講師 外国人講師と日本人講師(4回のうち1回が外国人講師とのレッスン)
無料体験 あり
対象年齢 1歳から
教室数 全国1300教室以上

ECCジュニア 子ども英会話教室・ECCキッズイングリッシュワールド

英検合格者 6,310名(年間)の実績のネイティブ講師のECCキッズ
日本人講師のECCジュニアと

ECCと名前のつく英会話教室は2種類あります。

「ECCジュニア」と「ECCキッズ」です。ECCジュニアは、日本人講師が自宅や公民館などで開く「ホームティーチャー」です。

ECCキッズはECC外語学院の外国人講師によるレッスンです。

教室数はECCジュニアのほうが圧倒的に多く通いやすいです。同じ幼稚園や小学校のお友達と一緒に通う人も多いです。

ネイティブ講師から学びたいと言う場合には、ECC外語学院内のECCキッズへ通うことをおすすめします。

ECCジュニア ECCキッズ
月謝目安 6,600円 9,900円(1歳半)~10,348円(5歳)
※首都圏/関東エリア
講師 日本人講師 外国人講師
無料体験 教室による あり
対象年齢 2歳~ 1歳半~
教室数 全国9000教室以上 全国170校以上

BE studio(ビースタジオ)・Benesseこども英語教室

こどもちゃれんじでおなじみの、ベネッセが運営する子ども英語教室です。

教室で使う教材にも、しまじろうなどのこどもちゃれんじのキャラクターが出てきたりするので、こどもが馴染みやすいところが特徴です。

英会話だけではなく、「英語でクッキング」「英語でプログラミング」「英語でスキー」などの体験イベントもたくさん企画しています。

月謝目安 5,500円(9ヶ月~/日本人講師)~9,500円(年長/外国人講師)
講師 外国人講師と日本人講師
無料体験 あり
対象年齢 9ヶ月から

セイハ英語学院

「0歳からの英会話」がキャッチフレーズの、子ども専門英会話教室です。

講師が日本人と外国人のダブル体制なので、それぞれの良い部分と足りない部分をフォローできる授業が魅力です。

イオンなどのショッピングモールに教室があるので、通いやすくて選んでいる方も多いです。

月謝目安 6,800円(0歳・週1回)~11,000円(幼児・週2回)
講師 日本人講師と外国人講師のW体制
無料体験 あり
対象年齢 0歳から
教室数 全国500教室以上

ヤマハ英語教室

ヤマハの音楽教室のノウハウを活かした、こども英語教室です。

歌や絵本などで英語耳を育てる教育方針です。

学齢別のクラス分けで、進級する仕組みになっています。

月謝目安 2,000円(0歳/月1回)~6,800円(5歳/年42回)
講師 日本人講師
無料体験 あり
対象年齢 0歳から
教室数 全国1200教室以上

子供英語・英会話専門校アミティー

アミティーの子ども英語教室のレッスンは、細かなコース分けが特徴です。

日本人講師と外国人講師のコースのほかに、パソコン英語コースや、兄弟でうけるファミリーレッスン。

日本人と外国人講師の両方からレッスンを受けられるデュアルコースなど、好みの受講スタイルを選ぶことができます。

タッチパネル式のデジタルレッスンは、他のスクールには見ない特徴です。

月謝目安 7,200円(0歳/週1回/日本人講師)~9,400円(年長/週1回/外国人講師)
講師 日本人講師・外国人講師
無料体験 あり
対象年齢 0歳から
教室数 全国92校

子ども向け英語教室の特徴

講師の種類(日本人講師・外国人のネイティブ講師)

教室の先生には日本人講師と、外国人などのネイティブ講師の2種類の先生がいます
お子さんが習い事慣れしていない場合には日本人の先生の方が親しみやすい場合もあります
一方 、ネイティブの先生の方が発音が良いとして保護者には人気が高いです
ただネイティブの先生は 帰国してしまったり 担任が変わりやすいというデメリットもあります

レッスンの人数(グループレッスン・個人レッスン)

レッスンの人数も教室により大きく違います
きめ細やかなレッスンが受けられる個人レッスンや少人数制レッスンも人気です
お友達と一緒に 学ぶことが好きなタイプには 人数の多いグループレッスンの方が 楽しんで通える場合もあります

レッスン内容(ゲーム中心・座学中心)

実際のレッスン内容も歌や踊りなどの体を動かすゲーム中心のものから テキストを使った座学中心のものまで教室により内容が違います
対象年齢が低いうちは親子で参加したり 歌や踊りが中心の レッスンが多いです
楽しく続けることが大切なので ゲームと座学のバランスの良い教室選びが 重要です

クラス分け(実力別・年齢別)

教室によりクラス分けの基準も違います
生徒の少ない教室の場合は 未就学児クラスというざっくりとしたクラス分けになっているところもあります
また年齢別ではなく英語の話せるレベル別のクラス分けを採用しているところもあります
帰国子女のような英語に慣れ親しんでいるお子さんの場合は年齢別よりも実力別のクラス分けを採用している教室の方が良いでしょう

性格にあった教室を選ぶポイント

体を動かすことが好きなら歌やダンスが多い教室

普段からドリルなどの ワークが苦手というお子さんはテキストを使うよりも歌やダンスなどで 体で覚えるレッスンの方が 楽しんで参加できます
ゲーム中心のレッスンは 人数の多いグループレッスンの教室に 多く見られます

既に英会話に興味があるなら発音重視の教室

おうち英語などで英語にすでに興味があって アウトプットの場を探しているなら 発音に力を入れている教室の方がいいです
子供が聞き役になりすぎず、 子供にも英語を話す時間をきちんと作っているスクールがおすすめです

お友達と一緒に学びたいならグループレッスンの教室

幼稚園や保育園などで すでに仲の良いお友達がいて 一緒に通いたいなら グループレッスンの教室がおすすめです
習い事を通して お友達を作りたい場合にも グループレッスンの スクールだと 行事を通して 仲良くなりやすいです

体験レッスンで相性をみることが大切

教室選びで大切なのは

  • 通いやすさ(教室の場所)
  • 子どもとの相性
  • 続けやすさ(費用)

の3つです。

 

毎週通う教室なので、通いやすい場所も大切ですし

長く続けるためには予算に合う月謝も大切なポイントです。

 

その中でいちばん、気をつけたいのは「子どもとの相性」です。

立地や費用は、資料請求だけでも確認できますが相性だけは実際に行ってみないとわかりません。

同じカリキュラムを使う教室でも、先生や一緒にレッスンを受けるクラスメイトの雰囲気は教室によって違います。

 

教室のリストアップから一緒に始めてみると、より理想に合った教室を見つけやすくなりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事