Z会 幼児コース

Z会はもともと、難関大学受験のための通信教育としてスタートしています。

そのため、難易度が高く、おかたい教材というイメージがあります。

 

幼児コース(年中・年長)が開講されたのは2008年と、比較的新しい通信教育です。

年少の通信教育は2013年からスタートした一番新しいコースで、教材は親子で使うものが中心となっています。

Z会幼児コースの特徴

先取りよりも「あと伸び」重視の教材で原体験を積む

お受験のイメージが強かったので、「詰め込み」「先取り」な教材かと思いきや、

「あと伸び」を推奨している幼児教材でした。

 

あと伸びだからといって、幼稚な内容ではありません。

工作体験などの遊びのような取り組みも、中学受験につながる課題をこっそり盛り込んでいます。

Z会 幼児コース

↑は、中学受験での「てんびんのはたらき」の課題を幼児コースで出題している例です。

紙皿を使った手作りの「ゆらゆらおもちゃ」で重さと傾きの体験学習をします。

この経験が、中学受験時の「てんびんのはたらき」の課題の時に、活きてくる原体験というわけです。

 

紙皿でつくるてんびんのおもちゃの他にも、身の回りのものを学習に変えるきっかけを与えてくれます。

Z会幼児コース

科学・生物・社会・食など、分野が広いので、かたよりなく子どもの好奇心に火をつけられるのも魅力。

子どもと一緒に大人も発見できそうな内容です。

Z会幼児コース

身の回りにある、学びの種を見過ごさずに視野を広げてあげることができます。

目に見えて、英会話ができるようになったり、九九を暗唱できるなどの先取り要素はありませんが

この経験を幼児期に積むことが、就学後の学習に差が出てくるそうです。

これは、尾木ママも言ってましたね。

5つの幅広い内容をバランスよく体験

Z会 幼児コース

ことば

自然・環境

数・形・論理

生活・自立

表現・身体活動

の5つの分野をかたよりなく学べる内容になっています。

通信教育ですが「身体活動」なんていうテーマもあります。

このあたりは、指導者が側にいるわけでないので、親の努力が必要ですね。

 

5つのテーマはそれぞれ独立したワークがあるわけではなく

ドリルで学び、体験学習でも別の角度から学ぶ、というように、一つのテーマをくり返し学ぶスタイルです。

空き箱・段ボール・食材など身近な素材で体験学習

Z会 幼児コース

ものすごく、こどもちゃれんじを意識している感じですが 笑

既成のおもちゃではなく、手作りするところから学びにつながるというポリシーです。

年少くらいの年齢なら、「これが使えるよ」という自分のアイデアを言うことができます。

一緒にアイデアを出して作る経験も良いものですよね。

 

あと、手作り玩具のいいところは、「自分なりにアレンジやカスタマイズできる」と「躊躇せず捨てられること」です。

既成品だと思いきれない改造も思う存分できます。

その点、手作りのほうが想像力が育まれそうですね。

親子で取り組むことを前提としている

Z会 幼児コース

Z会のメイン教材は、ドリルと「ぺあぜっと」という親子教材になります。

ぺあぜっとは、「親子で取り組む」ものです。

そのため、他の通信教育に比べて親の役割は大きいです。

 

Z会の幼児コースは、親子で取り組んではじめて活用できます。

子どもが自分で勉強してくれる通信教育のほうが良いという家庭には不向きな教材といえます。

Z会幼児コースの使い方

ドリル学習:かんがえるちからワーク

Z会 幼児コースドリル形式の教材です。

年少時は、問題文が読めないこともあるので、親子で取り組みます。

問題文が読めるようになる年中以降は、1人で取り組めます。

 

内容は、シール貼りや運筆など一般的なワークに近い内容です。

体験学習:ぺあぜっと

Z会幼児コースの目玉教材はこれです。たぶん。

親子で取り組む体験型教材です。

Z会 幼児コース

まず、この「ぺあぜっと」という冊子は親子で読みながら取り組みます。

◯◯してみよう!というようなテーマが4種類ほど入っています。

この「ぺあぜっと」の内容を取り組む前に読む保護者向け冊子が「ぺあぜっとi」です。

Z会 幼児コースここには、「ぺあぜっと」の取り組み方や、体験学習のテーマの意味などが解説として載っています。

他にも、この月齢の子どもとの接し方のような保護者向けのコラムがあります。

Z会の教材が届いたら、真っ先に読みたい冊子です。

年少だけの絵本型教材

Z会 幼児コース年少コースのみ、えほんが毎月届きます。

持ち運びに便利なコンパクトサイズの絵本です。

Z会らしく、メインのストーリーの他に、声掛け例が絵本の欄外に載っています。

子どもの理解度に合わせて、何度でも読める仕組みになっています。

年中・年長の提出課題

Z会 幼児コース年中・年長コースには絵本がない代わりに「提出課題」があります。

提出課題も親子で取り組みます。

半分は保護者の記入スペースで、半分がお子さんが記入するスタイルです。

この提出課題の習慣づけが、小学講座以降の自学自習につながっていきます。

年数回届く副教材

Z会 幼児コース

毎月届くメイン教材の他に、副教材が不定期に届きます。

たとえば、年少コースの「ひらがなひょう」のようなポスター。

メインの教材の内容に沿った副教材が届きます。

Z会幼児コースの口コミ(年少・年中・年長)・評判まとめ

Z会 幼児コース

ドリルの内容が少なすぎる

「かんがえるちからワーク」が届いた日に終わってしまう。または、1週間以内に終わってしまう・・・など

1ヶ月もワークが保たない!という口コミを多く見かけました。

Z会のワークは毎月24題あり、1日1題ずつ取り組む方法を推奨されています。

でも、習い事などの関係で毎日できない家庭もあるので、取り組み方には家庭ごとの違いが出るのは当たり前です。

Z会 幼児コース口コミで見かけたのは、この例で言うところの

下の「まとめて型」です。それも、ワーク1冊まとめて 笑

 

正直、やる気があるのでそれはそれでいいような気はします。

親としては、教材費分、1ヶ月かけて学習して欲しいという気持ちになるのもわかります。

ワーク好きなお子さんの場合、市販のドリルと組み合わせているところが多いです。

 

Z会は1題のみで、続きは市販のドリルを、というところもあれば

Z会をやり終えて、次の教材が届くまでは市販のドリルという家庭もあります。

 

物足りない、もっとやりたい!という気持ちのところで上手にやめさせるほうが良いと、七田式では言っていたのでドリルをするのも親のコントロールが必要ですね。

 

親の負担が多すぎる

体験型学習は、こどもちゃれんじのエデュトイと違い親の参加が必須です。

ドリルのペース配分や丸付けも親の仕事。さらに体験学習まで・・・となるとオーバーワークと感じてしまうパパママもいるようです。

 

実際にZ会の幼児コースは親の助けなしには、使いこなせない教材です。

ドリルだけを子どもが自習で取り組むなら、Z会の市販のドリルのほうがコスパは良いです。

親子で楽しんで体験学習を続けていけるかどうかは、試してみないとわかりません。

資料請求で届いた体験学習を取り組むことが億劫に感じるようならZ会幼児コースは向いていないかもしれません。

Z会 幼児コース

Z会幼児コースの取り組みモデルプランとしては、

平日はワーク、週末に体験学習をおすすめしています。

おためし教材で実際のワークをチェック

とにかく、Z会幼児コースの肝は「親子の体験学習」です。

子どもの興味関心だけでなく、一緒に取り組む親目線でも「おためし教材」を試してみるべきです。

 

実際に、材料を用意するところから取り組んでみて

「これなら毎月一緒に取り組める」と確信をもってから申し込むと

思っていたものと違うという失敗を防げます。

 

体験学習も、自分で用意するのは負担かも?と不安になるかもしれませんが・・・

実際には↓のように

Z会 幼児コース

はさみと、紙を用意するだけだったり・・・

おためし教材の場合は、洗濯ばさみでの体験学習だったり、と自宅にあるもので簡単にできます。

 

食育にも力をいれているのは、他の通信教育には見られない点です。

Z会 幼児コース

とにかく「体験第一」な教育方針がうかがえます。

共感できるわ!と思ったら、まずはおためし教材で実践して、続けられそうか試してみてください。

 

Z会幼児キャンペーンで、無料のお試し教材に期間限定のプレゼントがついてくる時があります。

 

どれを選べばいいかわからないパパママにおすすめ

こどもちゃれんじ ほっぷ 資料請求

はじめての教材選びなら一番のおすすめは「こどもちゃれんじ」です。

どんな教材も、飽きてしまったら意味がありません。

 

こどもちゃれんじは、

飽きずに子どもだけでも取り組める教材です!

忙しくて一緒に取り組む自信がないママにもおすすめです。

おすすめの記事